FC2ブログ
今朝は、お天気用語を一つ覚えていただきたくご紹介します。

線状降水帯

線状降水帯

せんじょうこうすいたい

ウェザーニュースさんの記事にリンクです。

集中豪雨をもたらす線状降水帯とは?

積乱雲が線状に連なってできるということなので、じゃあ積乱雲って具体的にどんな形なのよということで、画像のページをででんとリンクで貼っちゃいますよ。

積乱雲 画像

ようするに、もくもく立ち上る系、入道雲も仲間ですよね。
これがぽこんとあるのではなく、たくさん連なってくると線状降水帯になるかも、ということと解釈したら良いのでしょうか。

こちら朝日新聞の記事でも図解がありますので、見てみてください。

「線状降水帯」各地で発生 積乱雲、同じ場所で次々と


ウェザーニュースさんの記事の締めの行にかかれています。
メカニズムそのものを理解するのは難しくても、この言葉は大きな災害を引き起こす可能性をもったものとして理解しておく。
これって大事ですよね。
要するに、「台風」と聞いたら、「あ、大風大雨で大変かもしれないから、まず心構えして、それから…」とほぼ反射的になります。
あの感覚ってことですよね。
あ、線状降水帯って、まずいやつ!
この認識を持つのが第一歩。
防災の一つの心構えの一つとして、私も覚えておきたいと思います。




線状降水帯
↑ヤバいやつ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→https://yamayama0124.blog.fc2.com/tb.php/2489-ebaa6e16