FC2ブログ
こんにちは土曜の朝です。

先日たまたまテレビをつけたら「ガイアの夜明け」の終盤をやってまして、岡山の桃太郎ジーンズの今も藍染めで染めている商品について放映されていたのを見て、「ああ、やっぱ早く桃太郎ジーンズ買いに行こう」と思ったたぐです。
すとーんと真っ直ぐなラインのおズボンがほしいのですよ。ラッパでもいいな。
ナイスバディじゃないので体に沿うキュッとしたデザインは苦手なのです。
体型隠したいまでは思いませんが、強調する必要ないかなと。
まあ、もうそういうお年ごろも、とっくに過ぎてますからね!(笑)


さあ今日は、以前にも紹介した「宇野港連絡船の街」プロジェクトを改めて紹介したいと思います。

今年開催されている「瀬戸内国際芸術祭」
春の会期は4月中旬に終了していますが、夏は7/18、海の日から開催となっています。
この芸術祭にむけた玉野市の取り組みがこのプロジェクトです。

「宇野港連絡船の街」プロジェクト

今年は、我が船たびが参加していた玉野の「港フェスティバル」がないということで残念ではありますが、こうしたプロジェクトが続けられているのがいいですよね。
継続は力なり。
田舎は協力して情報発信していかないと!

と、それをもう少し岡山市もやってほしいなぁと思う岡山市民です。
やってるのかもしれないけど、あまり私の耳には聞こえてこないので。

まあ、こちらは船の情報を探るためにアンテナを張っているようなものなので、港街ではない岡山市の情報は埋もれてしまっているのかもしれません。
岡山で観光といっても、他県のみなさん咄嗟に思い浮かべるのって、倉敷だと思うんですよね。
そっとから南に下って瀬戸大橋へ!というイメージです。
岡山は後楽園が有名所ではありますが、市民としては三大名園で一番インパクトが薄いんじゃないかしらと思っています。
あ、一個人の感想ですよ、あくまでも。
オリエント美術館や林原の美術館もあるのに、どれくらい活用されているのかなと思ってしまう節も。
たぐは出不精なので、行きたいなと思いつつ一人ではなかなか動かないので、余計にそのように感じてしまうんだろうなとも思います。
実際はたぐが思っているより賑わっているかもしれません。
ぜひそうであってほしいです。

ともかくこの羨ましいなぁと思っている「宇野港連絡船の街」プロジェクトと瀬戸内国際芸術祭の成功を祈っています。

がんばれ!
もっと沸いて!!




そういえば昔あったんですよ、「燃えろ岡山県民運動」って。
あれいつだったのかな?
なんだかすごくそのフレーズが印象に残っています。

岡山県民は熱しにくいけどその分冷めにくいのです。
あ、これも一個人の感想ですが(笑)

じっくり熱くなってくる炭みたいに、じわじわっとなって、そのまま高い温度でキープ!
理想的じゃないですか!



岡山も玉野も倉敷も児島も、もちろん津山などの県北も!

燃えろ岡山!




たぐは、燃えて仕事!!(笑)




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→https://yamayama0124.blog.fc2.com/tb.php/1889-14a1a1f9