FC2ブログ
ヤフーニュースページのところに、かわいい画像があったので。



カワウソの赤ちゃんを保護-台湾




愛されるように生まれてくるのです。
保護欲を誘うように生まれてくるのです。
だから手を差し伸べなくちゃと心が動くのは正しいのです!!
鼻息も荒くなっちゃうね!



反射神経が著しく鈍いたぐとしては、下のトピックの「<なぜ当たらない?>ハエをたたくのが難しい理由を解明」にも興味があります。
今日、事務所にも一匹でかいハエがいて、ずーっとうるさいのです。
イライラするけど、やっぱり捕まえられないのです。


スポンサーサイト



ゴールデンウェークの間の仕事の日は曜日感覚がおかしくなってしまいます。
今日何曜日ですっけ? たぐです。

今日はフィギュアスケートの鈴木あっこさんの記事を紹介します。

「もうがんばらなくてもいいんじゃない? みんながあっこちゃんの滑りを待ってるよ」鈴木明子インタビュー前編

高橋選手があっこさんに言った言葉にじーんときちゃいました。


「すぐに結論を出さない」という選択肢があってもいいんじゃないでしょうか。

スポーツ選手の進退はいつもスポーツニュースのトップニュースです。
注目度が高いスポーツになればなるほど、こういうデリケートな問題にもがんがんスポットが当たってインタビューでつっこまれ、たぐは見ていていたたまれないなと思うことが多々あります。

芸能人の皆さんはそういうところも仕事で、時に味方、時に敵のレポーターさんたちのお相手も覚悟しなくてはいけないものだろうと思います。プライベートが侵されることもある程度は許容範囲に入れなくてはいけないんだろうとか、なんとなくたぐでも思います。
テレビや雑誌を見ている人の、「少しのぞいてみたい」という好奇心レベルならたぐも理解できます。お、そうだったの!とたぐも見ちゃうし、それが楽しい話なら耳がダンボ化します。
ただ、醜聞となると、根掘り葉掘り聞いて何が楽しいんだかさっぱりわかりません。

と、ちょっと話がそれそうになっちゃってますので軌道修正して。

そういうところを、「有名人」というくくりでスポーツ選手にも求めてしまうのは、なんか違うんじゃないかなと思っています。
今の真央ちゃんの進退問題も、ほんとにしばらくそっとしておいてあげればいいのに。
トップアスリートともなれば常人よりも精神的に大人になるのが早い面はあるでしょうが、それでも自分がもし同じ年のころにそのような大きな選択を迫られ、自分の一挙手一投足がマスコミを騒がせるかもしれないんだと考えると、とても恐ろしいです。
そういうところをうまくサポートしてくれるスタッフが、どなたにもいてくれればいいなと、超絶一般ピーポーの立場から願うばかりです。


ちょっと真面目っぽく語ってしまいましたが、要するに、選手の皆さん、応援してるよ!! ってことです。

極めようとしている道をまっすぐに!
ガンバです!


たぐです。
岡山午後から雨が降り出しました。
明日は大雨とか聞いたのですが、それは避けたいところです。

今日は連休中日ということで、通常業務がそれほどなく、その分ネットショップの新商品をアップする準備をしていました。

その新商品というのが、実はアクセサリーでして。

商品写真を一枚紹介しますと、こんな感じです。
IMG_3362.jpg

マリンテイストの感じられるシンプルなアクセサリーを、レディースもメンズもそろえていきたいと思っています。
オリジナルです。
というか、僭越ながらたぐがお作りします。
基本的には全く同じものはない予定です。

新商品紹介ということでゴールデンウェーク明けには数点商品を登録するつもりです。

って、ここで書いておけばシャキシャキ作業を進められると思います! 締切大事ですよね!(笑)

というわけなので、ご興味をお持ちいただけましたらショップページを見にいらしてください。
5月に入りましたらこの小舟でもお知らせをさせていただきます。

ご来店、お待ちしております。




連休中日、みなさまいかがお過ごしですか、たぐです。

明日は元みどりの日ということで、先週末の日経からこちらを紹介いたします。



小学校の放課後に子どもたちを預かる学童クラブで、愉快な話を聞いた。

この一文から始まる社説にうんうん頷いてしまったたぐです。
なぜって、たぐも持ち物に名前を付けるから(笑)

自転車、車、友達の車にも名前を付けて「勝手につけんな!」と怒られたことがあります(笑) いいじゃん。かわいいじゃんね? 
名前がある方が愛着がわくのです。春秋記事内でも「親しみがわくということかとあります。
わくんです。
いっこのっかるのです。

この前半で大きくうなずき、後半は入りの昭和天皇さまのおっしゃった言葉に「そうだよね」とこれまた深くうなずきました。

「雑草という名の草はない」

zassouFJ310079.jpg zassouFJ310067.jpg


そうですよね。あれもこれもひっくるめて「雑草」と呼んでしまうけど、本当は一つ一つ別の種類の草なわけです。たんぽぽからぺんぺん草から、オオイヌノフグリ…と、この辺りはまだ名前やイメージがポピュラーですが、そうでない草花は、ただ「草」「雑草」と呼んでしまいます。
名もなき花という言い回しもありますが、本当は名無しの草ではないですもんね。

完全に戦後世代であるたぐにとって、昭和天皇さまは生物学の好きなおひげのおじいちゃんでした。
崩御され、年号が変わることは大人になる前のたぐの大事件でした。
動植物に親しまれたやさしいおじいちゃん天皇さんが亡くなって、さみしいなと感じていました。
と、たぐの昭和懐古はこのくらいにして。

春秋記事は結びで休みに身の回りの植物の豊かさに触れてみてはと勧めています。

近所をゆっくり散歩って、気忙しくしていると実はあまりできなかったりしませんか。
遠出もいいけれど、家の近くなんだけどあまり行くことのない方向へ散歩、なんてお休みもよいかもしれません。









ジンジャエールは辛い方が好きです。たぐです。
市販のヤツならどんと来いと思っていましたが、こいつだけは。

ginjerFJ310033.jpg

悔しいけれど辛すぎと思ってしまいます。
シュワっとした後ののど奥に引っ付く辛みがたぐには強すぎました。
遠慮なくごくっといくと確実にのどちんこやられます。



日経新聞、土曜日の別誌に載っていた一条ゆかりさんの記事にも、キャッチにショウガの文字が(笑)

26日の記事で、食の履歴書というコーナーに写真入りで掲載されています。
たぐは彼女の顔を初めて拝見しました。とても優しそうなお顔です。
一条ゆかり作品と言えばドラマ化された「有閑倶楽部」。子供のころ読んでいました。
ドラマ放映当時はテレビ見ないドラマ見ない人間だったので未見なのですが、ウィキ情報によると、ナレーターが川平慈英くんというところにびっくり(笑) 彼の語りならライトで楽しい感じだったんだろうなと思うんですが、どうだったんでしょうか。
もう二、三年前でしょうか、岡山の駅ビル…ビルなのか?の”さんすて”が、有閑倶楽部とコラボしていた時は、行くたびにウキウキしていました。
比較的漫画家が多いと言われる岡山の中でも、ひときわ著名な漫画家さんの一人です。

で、今回は食に関しての記事なので、彼女の食生活をメインに幼少期から振り返っているのですが、子供の頃から料理をしていた彼女がまさかの野菜嫌い(笑) きゅうりは昨年食べられるようになったけれど、今もねぎは食べられないとおっしゃってます。
でも家庭環境からやらなくてはならないという上に、嫌いだからこそいろいろ作るようになったということなんですね。初めて作ったおやつはもち米とこうじから作る本格的な甘酒とあるのですが、それを作ったのが小4のころなのだそうです。
小4!!
時代が違うと言い訳しても、うちのまっったく役に立たない中学生に、爪の垢でも煎じて飲ましてやりたいです。


その一条さんの自信作の一つが、ショウガのてんぷら。
ショウガの細切りと紅ショウガを種に、小さめのサイズで上げるそうで、日本酒のつまみにぴったりなのだそうです。
夏はさっぱりしていてよさそうですよね!

漫画家業は自由という名の不自由業。時間も大変不規則なものというイメージがあります。
そうであろう漫画家人生を全力で走ってきた一条さんは、今は規則正しい健康生活にギアチェンジ!ですって。
お歳を計算させてもらったら、そろそろ年金年齢でいらっしゃったので、さもありなんというところです。
お仕事のペースを調整されて、また楽しい漫画を世に送り出してください。



もう一件岡山話題で、昨日夕方のニュースで、美作を舞台に映画を作る企画があることを知りました。

美作発の映画政策へ強力コンビ

あさのさんは「バッテリー」の作者、大谷さんは「NANA」の監督さんだったんですね。最近作では「黒執事」。ほうほう。

昨日の放送ではあさのさんと大谷さんがお話しされているところと、大谷さんが美作の市内を回って雰囲気を味わっている様子が流れていました。
「何もないというけど、日本の原風景がここにある」という内容のことを懐かしそうな顔でお話しされていました。
大谷さんは小学校から高校の間、美作で育ったんだそうです。

これはどんな作品になるのか楽しみですね。






というわけで皆さん、ハブアナイスゴールデンウェーク!!










先日ケンミンショーで、岡山の人はある海産物を卵とじ丼にする!という話題をやっていました。
その海産物とはシャコです!と聞いてのけぞった岡山県民、たぐです。よろしくどうぞ。

どうやら丼にしているのは笠岡方面で、てんぷらにしてさらに卵とじの丼にするそうです。

全く知りませんでした。
シャコは塩ゆで!と思い込んでたので、目からうろこでした。

シャコに全く思い至らなかったたぐは、予告を見て「穴子くらいしか思いつかないんだけどな」と思っていました。



さて、遺跡などの話題にもアンテナびしばし!のたぐです。
今日は「日本にマチュピチュが!」という記事を見つけたので、紹介させていただきます。


世界遺産そっくり!?



あの特徴的な小山があるので、言われてみれば似てますよね!
「プチ世界遺産」で、行ったつもり旅行をするというのも一つの手かもしれません。
並べてみたら、ちょっと裏焼きっぽい感じがします(笑)

元々にて見えるその小山も神様として信仰されていて祠もあると記事に書かれています。
マチュピチュの小山も、たしか「鷲かに見立てられているのではないか」という説を聞いたことがあります。
そのような似たところもかんじながら、景色と緑深い空気を味わいに行くのもまたよきかな。


大分ですから、そのあとは温泉にゴー!!ですね!





今日は車に乗っていたら暑いくらいです。たぐです。

お使い途中で花の写メをとりました。今日は赤系の花です。

0425hanaFJ310074.jpg 0425hanaFJ310075.jpg

さつき
まさに五月の花です。五月目前です。

0425hanaFJ310077.jpg

こちらはハナミズキの赤
たぐの行動範囲では街路樹として植えているところも多くて、この季節その道を通りますと白と赤の花が咲いていて華やかです。
街路樹にするくらいだから割と育てやすい木なんだろうなと思うのですが、たぐ家では枯らしてしまったことがあります。あの時はたぐままがショックを受けていました(苦笑)

上のハナミズキと同じ木から、太陽を仰ぎ見る角度で一枚。

0425hanaFJ310078.jpg

逆光の具合と相まって雰囲気が全く変わってしまっていますが、これもまたよきかなと自画自賛。
だって、自分で褒めないと誰も褒めてくれないから(笑)



さて、今日はお使いデーだったので、午前中は銀行さんへ行っていたのですが、そこでびっくりすることがありました。
あるおじさんが、通帳を入れてATMで作業をしようと思ったら受け付けてもらえなかったらしく、窓口に行ったのです。
そしておじさんはイラついた大きな声で、ここの機械や通帳はどうなっている、こないだ来た時もダメだった、新しいものにさっさと変えろ、こういうことをきちんとするのがあんたたちの仕事だろうという内容をつらつらと言うのです。

本日25日、銀行込み合う日です。
待っているお客さん全員ポカーンです。

窓口担当さんは、低姿勢で謝って急いで通帳を使える手はずを整えていたみたいですが、いやこれって、通帳が悪いっていうより、おじさんの管理が悪いんじゃないかなと思ったのは、きっとたぐだけじゃなかったはずです(苦笑)
確かに磁気が弱ってきて、たまたま前回今回と機械が受け付けなかったということもなくはないでしょうけども、おじさんの場合、磁気のどうこうとか気にせずに保管したり使ってたりしているんじゃないの?という感じがすごくするのです。すごくすごくするのです。
見た目で人を判断してはいけないけれど、でも「見るからに」と思ってしまったのです今回(笑)

また数か月後くらいに、ダメになった、通帳が悪い!と言ってきそうな予感がビシビシします。映像まではっきり見えそうです。

窓口さんガンバ!!




そして用事の終わったたぐは、銀行と駐車場の間にあるパン屋さんへ昼ご飯を買おうと立ち寄ったのですが、ここでもおっとびっくりだったのです。

ドアをあけましたら、なんと正面にカメラが!!

お店がテレビで紹介されるのか、撮影スタッフがいたのです。
カメラを調節したり外でリポーターらしきお姉さんが打ち合わせをしていたので、これからロケをするんだろうなと思いながら、どうぞと案内されたので、たぐの定番パンを買ってそそくさと出てきたのですが。

が。


いやー、田舎者は撮影隊に遭遇するだけでドキドキしますね!!
めったにないことだもんね!!




と、ほんの一時間ほどの間にもごもごと小さな事件が起こったので、日記的に紹介しました。
お暇つぶしになれば幸いでございます。

たぐ拝






おはようございますたぐです。
ゴールデンウェークまで秒読みですね。

山路産業は、マリンアンティーク船たびの幻実店舗を日数限定で開くべく(笑)たまの港フェスティバルへの参加準備を、着々と進めております!

頑張ってますよ。
こんな感じで↓

minatoffesFJ310032.jpg

なんとも頑張りが伝わりにくい写メですな!(笑)






港フェスティバルさんも準備が進まれているようです。
前にサイトを訪ねた時は、まだ昨年の内容で更新されていなかったのですが、先ほど確認したら更新されていました!

たまの港フェスティバル5/24-5/25



今年は海上自衛隊から訓練支援艦「くろべ」と、海上保安庁から巡視艇「りゅうおう」が一般公開されるそうです。
「くろべ」はライトアップ、「りゅうおう」は放水が見られるなど、艦内の公開以外にも見所がありますね!
訓練支援艦「くろべ」は、昨日記事にしました護衛艦カレーグランプリにも参加していた船ですね!


たぐも自ショップの店子をはりきりつつ、そういったイベントの参加もできるだけしていきたいです。
行くからには全力で楽しまなくちゃ、ですね!





お昼時です。
昨日晩御飯がカレーでした、たぐです。
しかしちびっ子が食べられる味なので、いつも物足りないのです。
めっちゃ辛いのは苦手ですが、ちゃんとしたカレーが恋しい今日この頃。

このイベントに行けば、美味いカレーにありつけたのでしょうか。

護衛艦カレーグランプリ、横須賀で開催


海自の皆さんにとっては金曜日はカレー曜日なんですね!!

うう、おなかがすいてきました。
カレー食べたい。
昨日も食べたけど(笑)


ところでこれ、船の話題というカテゴリーに入れてよかったんですかね?
海自さん話題だからそうしたんですけども。
元のニュースソースページに飛んでいただけたら、下の方に護衛艦の画像集がありますので、そちらも楽しんでいただけたら、たぐのカテゴライズは間違いでなかったことにしていただけると期待!(笑)



おはようございます。
よく晴れた空で迎えた朝の岡山県南です。

昨日晩に知った、ちょっと残念なニュースです。

お父さん犬カイ君引退


11歳と言ったらもうかなりの高齢ですからあたりまえなのですが、さみしいですね。
しかしすでに今のCM、ということは「身に覚えがありません!!」「パパ?」「パパぁ!?」のやりとりのあれ、もう息子犬くんなんですかね?
いや、まったく違和感なく、この知らせを受けるまでカイ君だと思っていました(笑)


白戸家のシリーズは、いろいろ切り口を変えてCMを作ってくるので、次はどうくるかな、ゲストでくるのは誰かなと楽しみです。

ソフトバンクはCMが豊富ですね!


CMといえば、今大変気に入っているのがキリンメッツコーラのCMです。
嵐くんたちのCMはなんだかいつも楽しいですよね。

キリンメッツコーラCM

特にこの、「新のつく人たちへ編」がお気に入りです。
後半ノリが上がっていって、新がついたらなんでもよくなってくくだりが楽しいのです。
リーダーの「新古今和歌集!!」も「オイ!」って突っ込みどころで、そのあと畳みかける相葉君の「しんっっじゃがっっ!!」の力の入り方がなんともたまんない感じで笑ってしまうのです。
もう全然飲んでほしいじゃねーじゃん!!(大笑)

CMにつられて新しいメッツコーラを飲んでみたのですが、えーと…うーんと…、
前のやつと一緒に並べて飲み比べてみないとわかんないや!(笑)
だめです、元々細かいことを意識する方ではないので、こういうことに向いていないのです、たぐ。
以前のを毎日飲んでいたら分かるのかな?
前からトクホ系の炭酸の中では好みの味だったので、ノープロブレムと思っているところが、おおざっぱに拍車をかけているんだと思うんですけど(笑)

さあ今週も後半に入ってきました。
張り切っていくよ!!







2014.04.23 田舎の春
今日は近所の春爛漫写真を。

0422-3FJ310073.jpg

道端の雑草も、小さなかわいらしい花をたくさんつけて、今が時!と言わんばかりです。



0422-4FJ3100510001.jpg 0422-01FJ310058.jpg

こちらは畑。
左は菜の花の一種です。
ええ、一種です。
その名は白菜です(笑)
右は畑の端っこのさくらんぼの木です。
花は咲きましたが、これの内のいくつがちゃんと実になってくれるのかは未知数です。
だってたぐぱぱ、たぐままは、自然任せなんですてんとう虫さんやミツバチさん任せなんです。たぶんわざわざ受粉を助けてやったりしないのです。
そのくせ「今年もこれだけしか取れなかった」と毎年ぼやくのです。
そろそろ気づこうか、父ちゃん、母ちゃん(苦笑)
あ、さくらんぼの木の足元のピンクと白のもこもこは芝桜です。
端っことはいえ畑。栄養が行き届いているようで、同じ芝桜でもたぐ家玄関先のものとは色つやが段違いです。



0422-2FJ310063.jpg 

そして、こういう花が咲き始めるのを見ると、もうすぐ次の季節が来るんだなと予感させます。

季節の移ろいというやつですね。



まいどどうも、たぐです。

昨日、高松港にイギリスの客船が寄港してたんですね。

ニュースエブリでやっているのを見ました。

こちら、そのRNCのページです。

船体が青というのにちょっとびっくりです。
なんとなくクイーンエリザベス号などのイメージが強くて、客船イコール白みたいな思い込みがありました(笑)


小ぶりなサイズ感も相まって、趣のある船という印象です。


文字色今晩から明日のかけて、こと座流星群が見られるそうですよ!

こと座流星群22日夜に観測ピーク、全国的に好天…ライブ中継も

お天気もよさそうでですから、根気よく眺めていれば高確率で見られそうですね!


たぐはこと座流星群の話は今日になって知りました。
前から楽しみにしていたのはゴールデンウィークのみずがめ座流星群。

みずがめ座η流星群

あまりたくさん見られるわけではなさそうですが、この時期の利点は何といっても、寒くないってことですよね(笑)


どちらも楽しみです。

問題は起きていられるか、もしくは起きられるか、ということですな!
たぐ、根性!!



本日曇り空の岡山県南部。
雨の心配はなさそうですが、すっきりしません。
昨日よりはいい夢で目が覚めたたぐです。どうも。

なんか今日の夢は、前の会社を辞めた時の、こうだったらよかったのにという願望が映像化されたものにオチがついたような、おもしろい夢でした。
おかしいな。別にオチはなくていいんだけどな(笑)

今日は日経朝刊の春秋から。今年の大河の主役、黒田官兵衛が話題になっています。

戦国武将の黒田官兵衛は、キリシタンだった。

たぐは八百万の神様なむなむ、じさまばさま仏様なむなむなので、イエスさんのことは漫画で知る知識レベルですが。
今、荒川でバカンスしてますよね、親友のブッダくんと。好きなんです。平和でいいなとニコニコして読むのです。
大英博物館にも展示されているとか。今もされているのでしょうか?

と、話がそれてしまいましたが、今は官兵衛です、官兵衛。
官兵衛が九州でキリスト教を広めた一面もあったのかもしれないなと、今回の記事を読んで思いました。もちろん宣教師たちの存在があってこそですが、きっと彼のもとで、その人柄を慕って、彼が信じる神様ならと改宗した人もいただろうなと思った次第です。
そう考えると、キリスト教というと長崎がクローズアップされますが、官兵衛のおひざ元だった福岡、春秋でイースターに大規模な洗礼式を行ったとある大分も、キリスト教信者の方が多いのかもしれないですね。
ということは、全体的に九州がキリスト教徒さん率が高いということにつながるのかも。

春秋の話題はこの黒田官兵衛のイースターから、現在でも深夜から夜を通して祈りをささげてイエスの再生を祝う教会もあるとつながります。
そこから転じて東京の「六本木アートナイト」もなど、この時期は待ちわびた春を迎えるため、夜通し行われる祭りが各地で行われれると続きます。

うーん、こちらの地方では夜通しというのはあまり聞かない気もしますが、強いてあげるなら、まだ少し先にある春を引き寄せようとするという感じで、深夜を前に祭りのピークを迎える、西大寺の会陽が近い意味の祭かもしれないですね。
先日「YOUは何しに日本へ?」でこの会陽が取り上げられますよと小舟でも取り上げたのですが、ほんの二、三日前、録画していたものをもう一度見たのです。タイムリー(笑)

バナナマン設樂さんたち日本人が見ても、ふんどしのおっさんたちが日本の棒切れ(大事な棒切れです)を巡って怒号を発しもみ合いながら競う様は口をあんぐりするレベルですから、この祭りを初めて見た外国の人たちは、素人相撲レスラーの大群がもみくちゃになってるなんて、なんてクレイジーなんだ!!と思いますよね、きっと(笑)
で、そのクレイジーさに「すげー!! 超おもれー!! あの中に入ってみてー!!!」と思ったYOUたちが、思いのほか多かったことにたぐはびっくりでした。
しかも超本気で体鍛えてたりとか!!
そのYOUは宝木にしっかりタッチしてました。
六年だったかな? 連続でさんかしているとのことで、数年ぶりの宝木との接触だったそうです。
手についた宝木の匂いを嗅いでいる様子がとても幸せそうで何よりでした。



「季節ごとの祝際には、自然のリズムに合わせて、心や体の再生を促す力があるという」と、春秋では終章を始めています。
現代は忙しさに季節も見逃している人が多いが、少し立ち止まってみてはという勧めです。
オフィスの中から出ずに机かじりつきの方、またビルの谷間を奔走している営業諸氏、お昼休み、また一息のコーヒータイムに近くの公園に行ってみませんか。
緑葉を仰いで、そこからこぼれて来る陽光は、きっと気持ちいいものですよ。




え、たぐですか?
ほらここ田舎だし(笑)

休み時間は潮騒とともになんていう乙な環境ですから、日々日々感謝です。










お昼休みに続けてらばQさんを見ていましたら、にゃんこの素敵なやつがありましたので。


必ず最後に愛は勝んだニャ


世界の写真、動画が集められているらばQさんですが、これは日本の町のようですね。
ずっと眺めていたくなるような、絵になるカップルです。