FC2ブログ
2013.08.31 にゃにゃ!
じぇじぇ! みたいな感じで(笑)


携帯の昔のデータを整理していたら、なつかしパトローラーの写メが出てきましたので、
土曜日の午後の和みになれば。



PA0_0008.jpg PA0_0007.jpg PA0_0006.jpg 


PA0_0005.jpg 


PAP_0001.jpg PAP_0002.jpg PA0_0009.jpg 

PA0_0010.jpg




今もえさを出しておくと翌日には減っています。
兄弟氏のほうだと思うんですけど、山路近辺をうろついてはいるようです。
しかしとんと姿を見せてくれません。

元気でいるならそれでいいんですが、正直なところを言えばやっぱり寂しいです。





スポンサーサイト



2013.08.30 日本人の8月
曇りですが湿気でじめっとしている今日の岡山。
たぐです。
週末は台風の影響が出そうですから、勢力が強くないといっても、ちゃんと念頭に入れて行動しないとなと思っているたぐです。
8月がもう終わろうとしています。


原爆の落とされた日があって、
終戦の日があって、
真ん中にお盆がある。

振り返ると、8月は日本人にとって戦争や命について考える月という側面がある気がします。
8月に入ったらすぐに広島、長崎の話題が聞こえ始め、お盆の話題、終戦記念日、そして戦場となった非日常の街でも必死で日常の生活を送る一般市民に目を向け続けた山本美香さんが銃弾に倒れたのも、奇しくも8月半ば過ぎです。
日経新聞の春秋などでも、やはり当時を振り返る記事が多くなります。

たぐじじたちはおかげさまで戦争から無事帰還しましたが、親類縁者が皆無事だったはずはなく、ごくたまにですが、そういう話題が父母じじばばさまたちから出ることもあります。
そういえば夏休みの宿題とかで、たぐが子供のころはご近所のじじばば様に戦争の経験を聞いてくること、というのがありました。
今は聞かないですよね。戦争経験を語れる方が高齢になってらっしゃるし、街の方では聞かせてくれるじじばばさまがご近所にいてなかったりするかもしれませんし、当然かもしれません。
たぐは、その宿題がいやだったんですけど、大人になってから、あれはとても大事なものだったとしみじみ思っています。
忘れられないもん。近所のお山にB29が落ちて、投げ出された敵国の兵隊さんを埋葬した話と、空襲のとき怖くて、畳んだお布団の中に潜り込んでいたという、ご近所ばばちゃまのお話。
学校で習う、本の中の出来事は、今自分の立っているこの地で実際起こった事なんだということを、あの時初めて実感したのだと思います。
今の若い世代や、ちびっ子たちは、たぐたちより戦争が遠いはずです。
たぐだって実際の戦火の恐ろしさはわかりませんけども。
それでもご近所ばばちゃんから聞いたんだよと、ここでも戦闘機が爆弾を落とそうと飛んでたんだよと伝えることはできます。しなくちゃいけないと思っています。

現在も遠いところで戦争は続いています。この数日では罪のない子供たちが巻き込まれている衝撃的な話も舞い込んできたし、そこでまたそれを制裁するという形で戦いが起こる可能性も出てきています。
日本自身、大きな時代の流れの中で言えば、一触即発の場面に面しているかもしれません。

この国に何があったか振り返ってみる、そういう日が重なっている8月。
このようなことを日本人として、また客観的、国際的な面からも、考えてみる機会にしてほしいし、たぐ自身も腰をすえて考えようと思います。

一度始まってしまった戦争をとめることはむずかしい。
と、山本美香さんが言っているそうです。
彼女の言葉の意味もかみ締めて、悲しいこと、つらいことが少しでも少なくなるようにするには…と方法を探すとき、一番身近なのは、一人ひとりがまずは振り返って考えてみることなんじゃないかなと思うのです。



平和を願う気持ちは、きっとみんな一緒ですよね。



まあ底の浅いたぐがどれぐらいうんうん唸って考えても、大したことにはならないと思いますが(笑)
全然ないよりましだから!





うう、まじめに語って肩こり倍増です(笑)
記事に書いたことは本音でありますが、やはりたぐには荷が勝ちすぎというヤツです。

お粗末さまでございました。










天気はよいのですが湿度が高く、むしむしする朝を迎えました岡山県南、児島湾沿岸、たぐです。
でも、蒸し暑いといっても8時ごろまでは比較的よかったのです。
このままエアコンなしでも大丈夫かもと思っていたんですが、そうは問屋さんが卸してくれなかったようです。残念。

まあ今年は厳しい残暑が続くでしょうと予報も出ていますから、ある程度覚悟はしています。
数年前に、11月まで半そでを着ていて、ある日を境に一気に冬服に変えなくちゃ!ということがあったのが忘れられません。
あんな感じになるのかな。
あの年は「秋服、合服ってなんだろうね」と苦笑いしました。
できればちゃんと秋らしい秋も過ごしたいです、お天道様。



一昨日、このブログに車のCMの事をわぁわぁ書いたたぐ、家帰ったら電話がありました。
車屋さんから。
「車検です」って。
えーと…、いつの間にそんなに乗ってましたっけ、あの車?
まったく懐的計算に入っていなかったので、お^-まいが、な気分です。
しかも期日すぐそこ(笑)
どうやら前もって連絡のハガキとかあったのをたぐは華麗にスルーしていたようです。

で、すぐにでも持って行かなくてはということで、本日台車でございます。


FJ310233.jpg

最近のアルト。
整備が行き届いていて乗っていて気持ちいいです。
たぐの乗っているパレットは車体重量が1tを越えているとかで重いので、アクセルを踏んでも走り出しがもったりしているんですが、そのもどかしさが皆無で、軽い軽い!
というか、そうそう、軽の走りってこうですよね!とうんうん頷く感じです。
ちょっとビックりしたのが、勝手にエンジンが止まること。
最近の車はもう標準装備でしょうか、アイドリングストップ。ブレーキを踏んだら勝手にエンジンがストップ、ペダルから少し足を浮かした瞬間にすぐかかるわけですが。これは慣れるまでなんだかドキドキします。
でも少しでも使うガソリンが減れば懐にやさしく、ガソリン使用料が減るということは地球さんにも少しは優しくできるということですもんね。
もう次車を買い換えたらこの機能は確実についているんだろうから、こういう機会に少しでも経験を積んでおこうと思います。

でもって、おお、これが!と思ったのが「エネチャージ」

エネチャージってなあに?

発電のために余分に使っていたガソリンの使用が押さえられるということですね。
初めて乗ったたぐの感覚では、アクセルから足を離した時にエンジンブレーキがかかるのが強めで、それが自転車のタイヤとの摩擦で電気を起こしてライトを付けていた、あれみたいだなと思いました。
そのエンジンブレーキみたいな感覚が、エネチャージの時のならば、ですけども。
でも当たらずとも遠からずかな? 
スズキのエネチャージの説明ページでも、自転車を喩えに出していますね。

こういうのって、乗って慣れてしまったらそれが当たり前になってしまうので、解らなくなりますよね。
たぐも今回このアルトと比較して、マイカーパレットさんの体重の重さをあらためて実感したわけですから。
時々違う車に乗るって、楽しいし、実は大事なとこなのかも知れません。




とりあえず、今度買う時は車体重量ももっと重視しようと心に決めた代車体験でした。







おはようございます。たぐです。
今朝も朝から蝉が鳴いていますが、そうは言っても会社の事務所、今のところエアコンなし、扇風機だけで過ごせる気温です。割合空気がからっとしているおかげかなと思います。ありがたい。


つい先日もこのブログ内で記事にしたふなっしーなんですが、DVDを発売しています。
先月くらいだったかな、テレビでも取り上げられていたんですよね。

7/26発売だったようです。こちら、予告動画です。

このDVDが今週、トップテンに返り咲いたそうです。

ふなっしーDVDが3週ぶりTOP10返り咲き

実はたぐ、昨日ネットでいろいろ見ていて、アマゾンでこのDVDのページに引っかかり、買ってしまおうかとエンターキー押しそうになりました(笑)
テレビで見た時もいいかもと思って、アマゾンでちゃんと金額見たら、安いじゃん!!

ニュースで、きぐるみって活動資金が結構必要なんだと知ってびっくりして、ふなっしーは公式なゆるキャラじゃないということもあって、懐が寂しい続きらしいと。
あんなにテレビにも出てるのに!? と思ったんですが、ギャラが低いのだそうです。
でもテレビに出てる芸能人って、みんなお金がある人と錯覚してしまいますが、実際はそうでもなくて、暮らしていくのがやっとという人もいるとか言いますもんね。
となるとゆるキャラ間でも格差があるんだろうなぁと予測できる話です。
それに非公認。
それって公認と比較すると、譬えるなら実家住まいで基本的なところに困らない人と安アパートで一人暮らしでヒーヒー言ってる人というところかな、イメージとして。


がが、がんばれふなっしー!!


そんなふうな背景まで考えると、「やっぱり買おうかな『ふなのみくす』」とか、今も思ってしまうわけです(笑)


グッズ購入もいいけれど、ふなっしーに関しては、動いてなんぼ、喋ってなんぼでしょう。





ああ、でもごめん、ふなっしー。

たぐがゆるキャラ界で一番愛しているのは、知名度がどんなに低くてもやっぱ地元岡山のミコロハコロなんだ。
それだけはゆるがないんだ。


ほら、こんなかわいいv


身長体重はナイショってプロフィールに、どこの乙女か!!と突っ込みを入れつつも(笑)
見ているだけで和むのですほほがゆるむのです。
これぞまさにゆるキャラ!(笑)




あれ、おかしいな?
ふなっしーのことをテーマにした記事なのに、なんでミコロハコロで終わってるんだろう?







2013.08.27 車のCMの話
こんにちは。岡山県南はいいお天気です。風はなかなかに気持ちよいのですが、日差しはまだ痛いです。
ま、山路は海っぺりですから、そこは仕方ないかな(笑)
蝉が元気です。
昨日は朝ぜんぜん鳴いていなくて、午後に入る頃でしょうか、温度感知センサーでもあるみたいに25度を越えたらいきなり鳴き出してすごいなと感心しながら少々笑ってしまったんですが、今日は朝からやる気モードのようです(笑)




さてさて、本日お題にさせていただいたのが、車のCM。
あらためまして。
どうも。CM大好き、たぐです。
先日からダイハツ Mira e:s のCMがたぐのハートど真ん中で、ぜひ見ていただきたく。
トンデモタイムスという、NYかな?(笑)--…と思ったら日本支局でした!--のデスクとプレス記者のやり取り設定で、もうもう、超楽しいのです。
順を追って。どうぞ。
①「昨日のテレビ」編

「そっちはどうだぁ!」
「もうやってませーん!!」(笑)
普段鬼とか呼ばれていそうなデスクとちょっとダメ男な匂いのする記者君のやり取りにニヤニヤがとまりません。

そして、「この人…本当にできる人?」とデスクに疑問を持ち始める続編。

②「念力」編

③「褒める」編


もうね。
大好き!(笑)
アメリカとかのドラマっぽく作ってあるのにしっかり舞台は日本だし。
二人のまじめさがたまりません。
また続編ができるのかな。楽しみです。

ムーブの法廷でのシリーズも大好きなんです。

ダイハツさんCMギャラリーはこちら。まとめてどうぞ。



トヨタも相変わらず楽しいですよね。
Re BORNのシリーズ

それと、関連があるようなないような、というか、トヨタのCM世界全部と通じているんですよね、な、TOYOTOUNのシリーズ。
こちらは企業のイメージCMなんですね。だから全部の世界観まるっとなんだ!(笑)

おばあちゃんの木のエピソードもステキだなと思うし、今の市長さんのCMもいい(笑)
今その市長さん編をよく見てみたら、今期のドラマで話題の人がバーン、バーンって出てくるし、元々起用されているメンバーからしてもすごいから、とても豪華ですよね!
半沢さんいてるし、斉藤さんいてるし!
コマネチなタケシ、なにげにドラえもんなジャン・レノ!
美味しいCMです。

そんなトヨタCMギャラリーはこちらです。

今日はトップに入ったら出てくるのが、今朝のワイドショーでも話題になった、ガンダムの、シャー専用オーリスだったので、それにあわせて文字色を赤にして見ました。
コンセプトカーで、ナビの声まで「導いてくれ」ってシャーで入れてあるすごい車でした。ファンはそのまま売ってほしいと思うんじゃないかな。
あ、文字色、こっちが赤のほうがよかったかな。

そんなシャー専用オーリス特設サイトはこちらです。

というわけでこちらも赤系に(笑)
ガンダムの中でも初代はやはり別格ですね。
たぐは本放送世代ですが、ちびっこのたぐには最初の頃のアムロの弱っちい感じがいやでしょうがなく、速攻脱落でした。
当時は主役にばかり視点がいったてのです。今ならシャーやブライトさん見ればいいんだよねと思えるし、ストーリー展開も楽しめると思います。
が、今からはまったらいろいろ大変な気がするので、あえて詳しく探らずにいます(笑)
何せオタク気質相当高いと自覚があるので、絶対深みにズブズブ潜っていくと予想できてしまうのです。
怖い、怖い!
もうダイバーシティで原寸ガンダムを見上げて「超かっけーぞ!!」と思った時点で赤いアラーム灯りましたからね(笑)

おっと、脱線しました、失礼。



嵐くんたちは、CMでもなんでも、本当にいつ見てもなごみます。
そういえば24時間テレビお疲れ様でしたね。
にのちゃん四国に来てたんですね。大歩危小歩危峡の小便小僧レポ、楽しかったです。
嵐君は日産のCM出演です。お正月の水兵さん、たぶん前にも話題に出したと思いますが、あれ、設定から衣装からかわいかったし楽しかったし! 思い出すだけで口元が緩みます。
ずっとNOTE担当は基本にのちゃんなんですかね。
キューブは新しいバージョン作らないのかな。
セレナは夏休みが終わったらリーダーと相葉君のシリーズで新しいのとか、そういう企画になってないですかね?
また全員で日産のコンセプト的なCMというのもいいなぁ。

というわけでこちら日産CMギャラリーです。


スズキだと、「グーン、ダーン!!」のスペーシアカスタムがお気に入りです。 

たぐはスズキ車愛用者です。現在パレット、先代ラパン、先々代ワゴンR、間で別の普通車乗って、初代は中古で買った大昔セルボなんですが。
って、それはどうでもよくって(笑)
今買うならこのスペーシアカスタムがいいなぁと思います。
でも復刻版で昔セルボ的車が出たら、もっと惹かれちゃうかもなぁ。


スバルはナイナイ原人が楽しいです。こちら動画ギャラリー。

あれ? 公式のページではいのっちのはないんですか? あれ? 残念だな。

面白かったりかわいかったり、ウキウキ見られて主張やイメージもちゃんと伝わる15秒。
長くても30秒の動画。
クリエーターさんって本当にすごいな。





終わりにたぐの今までのCM記事を。

小舟ブログ内を自分で検索した結果。

どれだけ好きか理解していただければ嬉しく、ご賛同いただければさらにハッピーいっぱいです。





先日大きな噴火をしたことが記憶に新しい桜島。

地元ではこの降り注ぐ灰を缶詰にして販売しているそうです。

「ハイ! どうぞ!!」 缶の画像が見られます。

缶の感じが、さんまとか鯖の蒲焼きが入っていそうな雰囲気です(笑)

たぐはヤフーニュースの記事でまず読んで興味を持ちました。

こちらです。



記事の最後に食品ではないものを観光みやげの缶にしている所が他にもあるというのを読んで二度びっくりです。

たくましい!



自分ではこういう逆転の発想というのができないたぐですが、好きなんです。ナイス、ユーモア!
こうでなくちゃ!とウキウキさせてくれる、こういう話題、見付け次第また紹介させてもらいます。

アンテナ立てろ!





FJ310828.jpg

おはようございます、たぐです。
空がこんなに雲で覆われている朝は久しぶりです。
朝の気温が25℃を下回っているのもとても久しぶりな気がします。

しかし山陰地方の惨状を思うと、今回の雨を素直に喜べないたぐです。

言ったじゃん、お天道様。
程度の雨をよろしくって。


南隣の香川は今回の雨で潤ったでしょうか。取水制限が続いていたので、それが緩和されていればいいなと思います。山陰や、今回関西も酷かったようで、そちら分も降る量を分散して、こっちにももう少し持ってきてくれればよかったのにと、どうしようもないことなんですが、考えてしまいます。


それが自然なのだと解っているんですけどね。
あらためて、いざというときの備え、心積もりをしておかなければと、考えさせられる朝です。






こんにちは。土曜日の朝、みなさまいかがお過ごしですか。たぐです。

今週暑かったりこむら返りしたりで少々おつかれサマーなたぐ。
寝付けない夜に癒しを求めて、いつものらばQさんでかわいい動物さんたちに会ってきました。

こんな感じ。以下ご覧ください。


猫の視点ってこんなに新鮮!

ものすごく表情豊かになった「まゆげ犬」


チームワークっていいよね


一部人間もいますが…いやいや、人間だって動物だもの!(笑)




2013.08.23 イチロー
昨日速報で流れた瞬間、通勤中の車で、通勤通学電車の中で、もしくはすでに着いている社内学校内で、とにかく日本中でどれだけの人がガッツポーズをし、「やった!」と声を上げ、歓喜したでしょう。
たぐは出勤直前で、テレビを切ろうとリモコンを握ったところでした。
リモコンを握り締めて、上側に出たちっちゃい文字を凝視しました。
見間違いだったらイヤだもん(笑)

といっても、たぐ、それほどメジャーに熱を持っているわけではないので、ブログの記事にするのはファンの方にお任せしようと思っていたのです。
たぐは外野の外の観客席のさらに外の人間。
口出ししないのがよろしいと。

でも休み時間、いつものらばQさんに癒しを求めて行ってみたらば、ステキなエピソードが紹介されていたので、それを読んでいただきたいと思ったので、少しだけ書かせてください。

「メジャー移籍のイチローが、ランディ・ジョンソンに約束したこと」

チームという枠を超えて、野球ファンに愛され憧れの的になっているイチロー。
今回の記録達成で、改めてなんてすごい人だと感嘆のため息です。

野球はあんまりわからないたぐですが、こうして時々聞こえてくるエピソードから、人間鈴木一朗が尊敬すべき人物なのだということはひしひし伝わってきます。

まだまだ活躍いっぱいされますように。

ニュースなどで活躍を耳にするだけのたぐですが、なんというか、日本人としてかな? 彼の活躍を聞くのはとても誇らしいです。





ロシアの軍艦が、突然ビーチに浮上して、海水浴客たちびっくり、というニュースが入ってきました。

海水浴客でにぎわう人気の砂浜に


水陸両用の60メートルもあるやつが突然ザバーッと浮かんできたら、まずポカーンとしますよね。
すぐ近くの人たちはとにかく逃げますよね。って、びっくりしすぎてたぐだったら動けないかも知れないなと思うんですが。
動画が横からのアングルで取られているので、映画かドラマのワンシーンみたいにも思えます。

もうひとつ動画を見つけました。

ちょっとカメラの手振れで酔いそうになるかも知れないのでお気をつけください。


いやしかし、ロシア軍、人がいたことは想定外だった言っているそうですが、ここ、人気のビーチって……。
今日の夜のニュースなどでも報道されるでしょうか。
この釈明がどう変化するか、聞きたいものです。

いやでも変えないかもしれないですしね。
「想定外と言ったら想定外なんです」て、ドヤ顔で言ってたり。






真夜中にこむら返りで痛さに飛び起きるという経験を初めてしました。
たぐです。
今日も暑いです。左のふくらはぎがまだ吊りそうで笑えてきます。
あんな痛いのねこむら返り。
それにしても、暑いです。

ぐーぐるさんニュースページの、本日の最低気温28℃という表示にがっくししています。

28…

28!?

おーまいが。




暑さにやられたりこむら返りしたりで健康注意だなと思っているところに、ニュースサイトでこのような記事を発見して「なんですと!?」と思ったのでご紹介。


1日4杯超コーヒー飲む人は早死にする? 米研究


常にそれくらいは飲んでいるんですが、どうしたら…?
と、タイトルを見た瞬間思ったんですが、記事の内容をよく読んだら、そう疑われる結果は確かに無視できない確立なんですが、それ、一杯が240mlでの計算なんですね。
240といったら、大体ファーストフード店のMサイズくらいでしょうか?
自分で作れば、マグカップが大きければ200くらいいくかもしれませんが、大体150前後じゃないかと思うのです。
となるとです。

240×4=960ml
180×4=720ml (少し多めで考えました)

アメリカ的約1杯の差があります。

ちょっと安心しました(笑)



じゃなくて。



体にいい面もいろいろ紹介されています、コーヒー。
コーヒーだけじゃなくて、飲み物食べ物全般、どれだって何かしら、よい効能はあるはずです。
よく悪者扱いされるコーラだって、元々は薬草を煮詰めたものだと聞きました。
それってあれだよね、養命酒をソーダで割った的なことなんだよねと、たぐは解釈してます。
結局、なんでも適量が一番なんですよね。

たぐのコーヒーも、やっぱりちょっと飲みすぎかもしれません。
適量は超えているかもしれないな。

と、思ったので。

今ちょうどカップが空きました。
そのままコーヒーを入れたいところですが、ほうじ茶に変えておきました(笑)
置き換えるなら、カフェインないものの方がいい気がします。




この手の調査結果を気にしだすときりがありません。
情報に関しても、きっと「適量」が大切なんですよね(笑)












2013.08.21 昨日より今日
タイトルが、とり方によってはなんだか深い内容の記事を書くのではと期待されそうな。
いや、そうでもないか(笑)

いや、もう、暑いのですよ。

とにかく暑いのです。

ほら!

FJ310826.jpg

ほらほら!

FJ310220.jpg

FJ310219.jpg


と写メを三連発上げてみましたが、お解りいただけるでしょうか。
雲が、とっても夏なんです。もこもこした夏雲なんて、昨日は浮いてなかったもん!

酷暑だと記事の冒頭に入れたのが昨日ですが、いや、もう絶対今日のほうが暑い!
半そでから出ている腕のところで感じる太陽光のチリチリ感が段違いです。

今週末に向かって少し天気が下り坂のようですが、それ、大歓迎ですよね。
今年岡山ではまだ水不足とは聞きませんが、海またいだお隣の香川では取水制限が大分厳しくなっているようですし、中四国に、普通に降る雨をお願いしたいです。

たぐ家では毎年何かしらグリーンカーテンになるものを育てるんです。今年は朝顔とゴーヤだったんですが、夏休みのちびっ子たちに水遣りを任せていたら、ちょこちょこやり忘れたりするわけです。
晴れの国岡山、雨ほとんど降ってないです。夕立もゲリラ豪雨もほぼスルーです。
朝顔の育ちの悪いこと悪いこと!(苦笑)
ゴーヤは、種がよかったのか朝顔よりはよく育っていますが、それでもやっぱりカーテンというところまで葉が茂ってくれません。
困ったやつらです。与えられた仕事はちゃんとしようぜ。

毎日熱帯夜も続いています。最低気温が連日27度って、そんな数字ばっかり見たくないわと天気予報を見てうなだれて、翌日も今日こそ少しは下がらないかと期待して、やっぱだめでうなだれて。
もう見たくないと思いながら、それでも今日も期待して見ちゃうんだろうな、天気予報…。








FJ310824.jpg

暑いなっしー!
外に出たとたん、「ひでーなこりゃ」と呟いてしまう、こういうのを「酷暑」っていうんだなっしー。
写真で見ると結構深い青色だけど、実際にはもっとカラッと乾いた色をしてるなっしー!
見るだけで暑くて気が遠くなるんだなっしー!!(泣)

昨日TOREに出ているふなっしーを見たから、言葉がうつってるんだなっしー。

たぐなんだなっしー!(笑)



ハイテンションなふなっしーをまねていると、~なっしー!!=ふなっしー=超絶元気!!の図式が刷り込まれているせいか、自分も超絶元気ラインまで引っ張り上げられるような気がしてくるなっし!(笑)




「飛べない梨は、ただの梨なっしー!!」

名言だ(笑)
たぐも「紅の豚」すきだよ、ふなっしー。ポルコ!!
無謀なと言われることにも果敢にチャレンジし、傾いた壁を気持ちいいくらいツルツルと滑り落ちていくポリエステルの梨の後姿に、たぐは涙を禁じ得なかった。おもしろくて(泣笑)
あ、ポリエステル言っちゃだめだっけ。
落っこちたけど、やっぱ中の人の身体能力半端ないね。って、これも言っちゃだめなヤツ?(笑)



中の人つながりで(笑)

ドアラが怪我をしたという報道をテレビで見ました。

こちらニュースまとめ

ドアラさま。
謹んでお見舞い申し上げます。

テレビのニュースはチラッと耳で聞いただけだったので、骨折という単語に、一体どこを!?と青くなったんですが、指だけということでほっとしました。
指でも大変だと思いますが、たぐ、想像しちゃったのが腕とか肩とかだったので、それよりは治るのも早いかなと。
バクテン以外は通常通りということですが、無理のないパフォーマンスで、体をいたわってください。
早く治りますように。
早く全開でのあの変な動きが見れますように。





さてさてはなし変わりまして。

今日から山路産業の前の海に、作業船がいます。
浚渫工事のためです。

FJ310825.jpg

大きい船です。

先月工事を請け負った会社の方が説明にこられていたので、ああ、始まったんだなと思うだけなんですが、思っていたより大きい船が来ていたのでちょっとびっくりしました。

児島湾は、その昔は湾ではなく、倉敷、水島のほうに抜けている、いわゆる瀬戸だったのです。
それが埋め立てられ、さらに堤防で締め切られてしまったので全体に弱い水流しか起きず、現在は湾内がとても浅くなっています。
海底の泥はずっとそのまま放っておくと溜まっていく一方なので、そのうち湾内を行き来しているフェリーやタンカー船の航行に影響が出ます。
だから定期的に浚渫しなくてはいけないのです。
おかげさまで山路の岸壁そばもすっかり浅くなってしまいました。
たぐが入社する前に一度浚渫をしているということなのですが、元々が陸に近いところですから、泥がたまるのも早いということでしょうか。


もののついでに山路の岸壁のふちも掘ってほしいなと、事務所で指をくわえている次第です。





なんだかわかんないけど非常に眠いです。
こんにちは、たぐです。朝晩は鈴虫lの声のほうが優勢になってきましたが、日中は相変わらずのせみ時雨です。
そんな中、風が余計な温度をはらむことは少なくなったかなと、盆明けあたりから感じ始めています。

今日から本格的にお仕事の方も多いと思われますが、ご無理をなされませんよう。


さて、盆の間に、たぐは芸術の秋を先取りしておりました。
岡山県は倉敷にある、日本で一番最初にできた西洋美術館、大原美術館に行ってまいりました。

FJ310823.jpg

姪っ子要望です。宿題のため(笑)
どこかひとつ美術館を訪れて、好きな作品を見つけましょう、的な?
たぐが中学のときはそんな高尚なお宿題はなかったザマス。

でも思えばたぐが初めて美術館に行ったのも中学生のとき、やはりこの大原美術館でした。
そのときは美術の先生が引率してくれていたのですが、まったくもってわからんちんが行ったわけで、かすかに残る記憶を辿っても、さすがに騒いだりはしていないはずですが、?マークを浮かべているばかりの生徒を見て、先生は連れてきた意味があったのかと首をひねったことでしょう。
いや、先生、意味はあったですよ。大丈夫です。
たぐはこの初めて大原に行った時からお気に入りの絵ができたんですから。

その名も「牛ちゃん」!

あ、本当は「頭蓋骨のある生物」という、ピカソの作品です;。

キュビズムの絵になるのかと思いますが、角のある牛の頭蓋骨と花が一輪さしてある花瓶が窓際のテーブルにあるという静物画で、花瓶の花の緑の部分以外は一見モノクロに見える絵です。
中学生のたぐにはインパクトがあったんでしょうね。好きな絵というより、忘れられない絵という感じで、今でも大原=「牛ちゃん」です。
「牛ちゃん」はたぐが絵に呼び名を勝手につけちゃったものです。「頭蓋骨のある静物」って角ばった呼び方が、どうしても中学生の脳に定着しなかったのです。ごめんなさいピカソおじいちゃん。

というわけでやって来ました大原美術館

FJ3102100001.jpg
入り口です。

初めての姪っ子に、面白いと思ってもらいたいのと、宿題の足しになるかもという気持ちもあり、うるさくならない程度、自分が知っている範囲でガイドしました。
本館、分館、工芸・東洋館と、順路通りに回ります。
本館正面で出迎えてくれるのが、児島虎次郎の描いたやさしい絵です。彼がこの美術館にあるたくさんの絵をヨーロッパで集めてきたとこは、岡山県民として知っておいてほしいので、すごいじゃろ、すごいじゃろとプッシュ(笑)
彼女の興味が途切れないように、少々早めのテンポで見ていきます。たぐはゆっくりじっくり見たいのですけども、今日はガイドですから!
本館は世界的に著名な方の名画が並んでいます。、ピカソモネゴーギャンロダンの彫刻も見ることができます。
たぐは「牛ちゃん」好きですが、一番好きなのはこの本館にあるミロの「夜の中の女」という絵です。なんだろう、なんか、楽しそうに見えるのです。なんとなくムフフと笑いたくなってくるのです。

続いて別館に。こちらは日本の芸術家の方が主です。
別館前でロダンの彫刻「歩く人」が迎えてくれます。たぐたちが訪れた日はとても暑い日で、触ると「アチチ!」とすぐ離してしまうくらいでした。
すぐそばに行って全方向から眺め、「足指長いね。やっぱ外国人だね」と感心したり、ふくらはぎのシシャモ(笑)をベタベタ触り、子が多いわ!と変な感想を持ったり。
そういうの大事だと思うんですよ、たぐは。
くだらない感想でも、何かの引っかかりになれば、彼女が大人になってからでも思い出すことがあるかもしれないじゃないですか。
だからたぐと姪っ子の会話は「おいしそう」「縦に伸びた変顔だ」「顔色ワル」「あ、おちnちn!」とか、終始そんなのばかりでした(笑)
いいのです。きっかけです、きっかけ。

分館内。ここにも児島虎次郎の絵が置かれています。点描みたいに描くのなんていいましたっけ? 印象派ですっけ? そちらに影響を受けたようなふわっとやわらかい絵もステキだなと思うのですが、彼の描いた写実的な母子の絵がたぐはぐっときました。
ここに高村光太郎の作品で腕の彫刻があって、とても力強いです。パワーッッ
高村光太郎といえば「智恵子抄」だよなと姪に言ったのですが「何それ?」と返ってきてクリビツギョウテン。
あれ? 最近は習わないんですかね、「レモン哀歌」とか? たぐは学校の教科書でこちらを習ったため、高村光太郎は詩人のイメージの方が強いんですけどね。
別館地下には現代の芸術作品が展示されていました。
耳の彫刻や、バイクを作ってあるのなどは見てそのままのものを受け取ることができるのですが、近代から現代のものって、特に難解なものが多いなという印象があります。
何を伝えたいのか、たぐにそれを受信するアンテナはあるのかなと探り探り見ました。まあわかんなかったら「あ、変顔!」とか言ってればいいか、小声で(笑) 
蜷川実花さんの写真を集合させた作品がありました。
 彼女の作品もいつもパワフルだなと思います。見た瞬間にあ、これを撮ったのは女性だなと思うし、色彩もきれいなんだけど、骨太!というか、前面に押し出される力を感じます。それは被写体が花でも人間でも。
ほかにも壁をそのまま使ってマスキングテープで作られた作品などもあって興味深かったです。

全体的に、現代に近付けば近付くほど、鮮やかでエグみがあるものが増えていく印象が残りました。


工芸、東洋館のほうでは、棟方志功の作品なども見られます。版画の仏様たち見ていると穏やかな気持ちになります。
が、
姪がこのあたりの焼き物や石仏などに興味がうすく超早足でいくので、待て待てと捕まえながらの鑑賞でした(苦笑)


地元ではよく知られているのですが、ここ大原美術館の一角には、モネの睡蓮があります。モネの庭の睡蓮を株分けしてもらっているもので、毎年春過ぎ、花が咲き始めるとローカルニュースで報道されます。
パンフレットによると開花時期が5月から10月ということです。
たぐも大抵行った時にはこの睡蓮は写メします。


FJ3102130001.jpg


今回ここで、とても熱心に睡蓮を写真に納めているおじさんに会いました。
近くにお住まいなのか毎週のように来るということで、今まで撮ったもののいくつかを披露してくれました。レンズを買えたり、角度を綿密に計算したりして、如何に睡蓮を美しく撮るかに情熱を燃やしてらっしゃいました。
おじさん、熱中症には気をつけてね。


半日かけて鑑賞して、空腹を美術館最寄りの洋食屋さんで満たしたたぐと姪は帰途につきました。車で小一時間くらいです。
車に乗った瞬間、姪はぱたんと眠ってしまいました。
うんうん、わかるよ。
芸術鑑賞って能の普段使わないところが活動しているのか、異様に眠くなるんですよね、たぐ。カルチャーショックで知恵熱出すタイプなんです(笑)
やはり我が兄弟の子、その辺りの反応は一緒みたいです。
一緒なのは血の繋がり確認的に嬉しい気がしますが、しかしです。
たぐも一緒に芸術鑑賞したのです。
頑張って楽しませるガイドもしたのです。

姪よ、今な、おまえ以上にたぐの方が眠いのだ。
寝てるんじゃないわ、このバカチン!!(泣)


と浮かぶ涙を堪えつつ、眠気さましに缶コーヒーとガムを準備し、国道2号線バイパスを東へ向けてハンドル握るたぐなのでした。



お後がよろしいようで(笑)




せがまれていたので、お盆の間に姪っ子を連れて行ってきました。

「モンスターズ・ユニバーシティ」


とても楽しかったです!


前作「モンスターズ・インク」
このモンスターの世界では、人間界の子供たちの悲鳴を集めてエネルギーにしていて、そのエネルギー供給会社がタイトルのモンスターズ・インク。
この会社で悲鳴を集める役目をする「怖がらせ屋」は、モンスター界のヒーローです。ちびっ子モンスターたちは、まるで憧れの大リーガーを見るように、目をきらきらさせて彼らを見るわけです。
主人公のサリーと相棒のマイクは会社でもトップクラスの「怖がらせ屋」、ちびっ子たちの憧れの的です。
ある日仕事でミスをして、サリーは人間の子供プーをモンスター界に入れてしまい、大騒ぎに!
ドッタンバッタンとドラマが展開していって、エネルギーの元として集めるのが、実は悲鳴ではなくてもよかったということがわかります。そしてサリーとマイクが中心となり改革がなされ、モンスターズ・インクは生まれ変わります。
と、こういう書き方をするとなんだか壮大なお話のような気がしてきましたが(笑)
幼いプーが巻き起こす騒動が非常に楽しく、プーに対するサリー、マイクの様子が、初めて小さな子供と接する若い男性たちそのもので、とてもほのぼのした気持ちになれます。
友情と冒険とがぎゅぎゅっとつまった感じで、とても楽しいお話で、子供も大人も楽しむことができる映画で、たぐおすすめです。



で、今回のユニバーシティはその続編。
サリーとマイクが怖がらせ屋に、というか、友達になるまでのお話ですね。
どちらかと言うとマイクが主になるストーリーという印象が、つよいです。特に前半がそう思うかな。
幼い彼がモンスターズ・インクに社会見学で訪れ、憧れの怖がらせ屋を目の前にして、「怖がらせ屋」は憧れから将来の夢となります。
そしてこの夢をかなえるためにマイクが入った大学が「モンスターズ・ユニバーシティ」です。
ここでマイクは後に大親友になるサリーと出会うのですが、ファーストインプレッションは最悪です(笑)
大人になった怖がらせ屋のサリーはジェントルマンで、非の打ち所のない男だったんですが、そんな彼も学生時代はだめなところ満載でした。
それがたぐはとてもよかった!(笑)
今時の言い方をすれば、特にサリーにとってはこの大学時代は「黒歴史」というやつです。
でも、それがあったからこそ大親友も得られ、二人で後々モンスターの社会の常識も変えてしまうほどの偉業をなせるのですね。
今回のお話も、「チームになって、ひとつテーマをクリアーしたら次のステージへ」という作りが、子供たちにとって判り安いんだろうなと思います。
大学の中で認めてもらえないマイクは、その現実にひるむことなく立ち向かいます。少し無謀にも思えるチャレンジなんですが、正面から挑んでいく姿勢は、そんな場面でいつも「じゃあいいや」と背中を向けてしまう質のたぐには眩しかったです。かっこいいと思いました。

なるべくネタばれしないようにと思うとくわしく書けないのですが、最後まで楽しく見ることができました。たぐはすごく楽しかったです。
このユニバーシティを見て、またインクを見たら、ストーリーの見え方が少し変わるかもしれないですね。
たぐはあの消えるトカゲっぽいモンスター、ランドールがサリーをライバル視していた要因がここにあったというのがわかって、以前よりさらに彼に愛着が沸きました。
悪いやつなんですけどね、ランドール(笑)

ハート柄になったとき、最高にキュートだったな(笑)