FC2ブログ
マリンアンティーク「船たび」に新着商品です。


甲種舷灯(紅灯)(電灯)


スポンサーサイト



2012.09.29 心霊スポット
たぐです。
台風が近付きつつある岡山、今はまだ風はないですが、
どんよりした曇り空です。

そんなどんより感で、
今日はちょっとばかし心霊スポット話題など。
夏の名残ということで。

先日記事にした岡山市の写真集のことで検索をしていた時、
検索のボックスに岡山という言葉の後に児島湾と入れたところ、
下側に候補として出たトップが何故か「岡山 児島湾 心霊スポット」

え? 心霊スポット!?

超怖がりなたぐは、おばけももちろんだめです。
でもしかしですよ。
人並みに怖いもの見たさな気持ちも持っているのです。


というわけで、児島湾締め切り堤防の資料を調べた後で、
その検索でかかったページに寄り道したわけです(笑)

怖いもの見たさもありますが、確認したかったのです、
地元が心霊スポットとしてどれくらいメジャーなのか
県内ではかなり上位のはずと自負していたので確証がほしかったと言いますか(笑)
果たしてそれは…
「やっぱりな」
という結論でございました。

貝殻山、金甲山は岡山市内ではかなり目立つスポットのようです。
確実出るぞといわれていました。

あと児島湾のこちら側、最寄りとなると、
尾坂トンネルが上がっていました。
さもありなん。確かにあのトンネルはちょっと暗くて、雰囲気が悪いです。
たぐの家のちびっ子も幼児の頃はあのトンネルはいつも泣いてました。
くらいせいだと思っていましたが、
子供の方がああいいうものに対して敏感なようですから、
もしかしたらたぐたちに見えないものに怯えていたのかもしれませんね。

この手の話が出たので、身内の体験談をひとつ。
たぐの家のちびっ子は姪ですが、市内に甥もいまして、
この子もよく遊びに来るのですが、
その子がおばけとか、見えてしまうらしくて。
ある川沿いを車で走っていたら、甥っ子が窓の外に向かって手を振っていたそうです。
川沿い、土手です。夕方で、そばにあるには工場だけ。
要するに人影絶対確実なし状態なわけです。
母親が怖れを隠しつつ「誰に手を振ってるの」と甥に尋ねたら、
彼曰く「うん、このおねえちゃんが、くるまにのりたいって!」と。

たぐはその場にいませんでしたが、話を聞いただけで総毛立ちました。
やめてくれ甥っ子君!!

妹は頷いて肯定してやり、
「そっか、でももうこの車はいっぱいだから乗れないんだよって言ってあげて」
と返したそうです。

それで甥っ子とおばけさん(女性)と話が付いたのか、
その後変なことは起こらなかったようです。
やれやれです。
冷静に対処できた母親に拍手だし、
話を付けてくれたのかもしれない小さな甥っ子にも拍手ですが、

もう、身近な人のこの手の経験はなしでいい。
マジでいらないと震えたたぐでした。

しかしですよ、こういう経験をもういいやと思っても、
そういうのが元々強いから今回の経験があるわけですから、
当然、この一回だけで終わらないんですよね。
それからもビビッてしまうようなことを聞きました(泣)
その家族の経験は今後も聞くことになりそうです。

たぐ自身はおばけさんに鈍感なのですが、憑かれやすいと言われたことがあります。
でも基本落ちやすい体質なので、それほど心配はないそうです。
ほっとしました。
怖いもの見たさはあるけど、
やっぱり自分では絶対、絶対経験したくないですからね!

というわけで、
おばけのみなさんお手柔らかにお願いしますと
貝殻山に向かって手を合わせるたぐでした。







おはようございます、たぐです。
朝はひんやりしていても日中はまだ日差しがきついですね。
運動会、体育祭日和な今日この頃です。
からっとして気持ちいい風ですが、
日の光が差すくらい泣きがします。

新聞の折込にこのチラシが入っていました。




先週か先々週にも入っていて、
そのときとは写真が差し替えられているようです。
前回のチラシでは、地元だと小串の漁港の写真が載っていたのですが、
今回は児島湾の締め切り堤防の写真です。
写真が開通時の児島湾締め切り堤防有料道路で、昭和36年とのことです。
たぐは人間としてそろそろ古株に足を突っ込んでいますが、
それでも昭和36年というとまだ影も形もなかった頃です。
両親は渡し船、九幡渡しを使っていた世代で、
たぐはこの有料道路が無料になった頃生まれです。
長いことこの料金所だけは残っていたので、
今見ると懐かしいですね。

この本はこちらの出版社さんから発行されるそうです。

名古屋の出版社さんなんですね「樹林舎」

なかなか興味深い写真集です。
この締め切り堤防の写真とかでも、たぐはこの場面で車に目を取られていました。
たぐ世代だとなつかしいより、かわいい!と飛びつきたくなります。
たぐ家の初めて手にした自家用車はホンダのセルボでした。
今の車と比べたらどれくらい小さいのでしょうか。
なつかしいです。


ウィキさんで見る「児島湾締め切り堤防」

ちなみに、山路産業の敷地は、
この締め切り堤防を作るために用いられた石を切り出した
その跡地でございます。

岩盤なので頑丈です。



船たび店長(仮)(いつまでも仮)たぐです。

マリンランプを1点追加しました。

赤と緑のランプセット

お暇なときにお立ち寄りください。


2012.09.25 朝から調査船



おはようございます。たぐです。

今朝たぐが出勤した時にはもう忙しそうに作業船が仕事をしていました。
現在10時前です。
まだ頑張ってます。

何を調査しているのやら。



朝晩はひんやりして、毛布が恋し強い週末でした。
一気に秋になった!という感じですね。おはようございます、たぐです。

いつまでも暑いのも困ると思っていましたが、
あまり突然変わってしまうのも困ります。
衣替えだ寝具の入替だと、まあそのあたりも困りますが、
なにより体に堪えますよね。

でも、薄手の毛布の毛が半袖の寝間着から出ている腕に当たるのとかに
秋が来た事が嬉しいという気持ちも湧きます。

昨日は家の用事でカーテンと絨毯の専門店に行ったんですが、
ふかふかしたムートンや電気カーペットのカバーを見ても
暑苦しいとは思わないところが秋だなと感じました。
両親のお供だったのですが、
あの手のお店に行くと、自分の部屋の模様替えを考えてしまいます。
たぐは定期的に部屋のレイアウト変更をしたい方なので、
周期的に丁度それが回ってきたのかもしれません。

夏バテもかなり解消されましたしね。


子供の頃は「芸術の秋」「読書の秋」と言われてもピンと来てなかったのですが、
大人になると、というか、
特に「今年は」なのかもしれないですが、
何もできなかった夏、いろいろできる秋という対比を強く感じます。

これからいろいろがんばれそうです。





来年1月、バンダイからフィギュアで「宗谷」が発売されるそうです。

バンダイ「宗谷」

念のため宗谷の歴史をウィキさんで確認。

ドラマティック宗谷

以前このブログで「映画・南極物語」を題材にした時にもウィキのページをはりました。
そしてそのページをじっくり読みました。
今回ここに貼るのにまたウィキを開き、またじっくり読んでしまいました。
生まれから順を追って読むだけで引き込まれてしまいます。
本当、こんなにドラマチックな船はそうはないですよね。
国内の船だと群を抜いているんじゃないでしょうか。
たぐは船の歴史をほとんど知らないので比較ができませんが
沈んでしまったのではない船でとなると、さらに絞られる気がします。

今回のバンダイさんのフィギュアは、
塗装も使い込まれた感じが出されていて、とてもいいなと思います。
人とわんこのフィギュアもついてるんですね!

船好きにはたまらない一品ではないでしょうか。







2012.09.20 にゃんこ近影






近すぎてどうよ、というにゃんこパトローラー。

ごはんくれるたぐさん大好きですと、
興奮してすり寄って、
汚れとよだれをたぐの服にこすりつけます。
僕の足が最近痒いのは、やっぱどう考えても君のせいだと思うのだよパトローラー君。

ノミもこすりつけてるよね、絶対。



あ、はい、なごみ自慢です。

今度ぜひ彼のにくきゅうレポートをお送りしたいと思っております!








2012.09.20



おはようございます。
我が社のニャンコパトローラーの超かまってくれ!攻撃に遭い、
「仕方ねぇなぁ」といいつつ、口許ゆるむ感じで戯れました、たぐです。

一昨日の夕方、とてもきれいに虹が出ていました。

太陽や月、そしてこの虹などは、望遠などのしっかりしたカメラでないと満足できるように撮れないですよね。
この写真も、この時の美しさを100分の1も伝えられていないのですが、
写真なしも寂しいですから、おしるし程度に(笑)

実際には上の赤色から一番下の紫まで非常に鮮明でしたし、
この虹の外側に薄くもうひとつ虹ができていたのですが、
ケータイの写メではこれが限界でした。

虹を見るとなんだかいいことがありそうでウキウキします。

そんな気持ちとともに。
みなさまにもなにかいいことがありますように。





おはようございます。
マリンアンティーク「船たび」よりお知らせです。

商品を1点追加いたしました。

振り子式傾斜計(大)

一つ前に追加したのと同じタイプで
こちらの方が大きいです。



2012.09.18 重機なかよし



に、見えませんか(笑)

黄色い方のお手入れのためにオレンジのやつがサポートに入ってます。



2012.09.18 ランプ




なんとなく写真にしたくなって撮りました。
カメラを向けたら思っていたより光が入ってきたんですが、
これはこれで雰囲気いいかなと思います。

同じものでも角度が変わるとまた違って見えます。
前にもきっとこのブログで紹介しているんですけどね、このランプ(笑)



2012.09.18 台風
週末は台風の影響を受けて雨風がひどい地方がありましたね。
テレビで長崎の方の浸水している地区の映像を見ました。
お見舞い申し上げます。
こちら岡山では風が強かったです。といっても被害が出るほどのひどさではなく、
冬の強い風の人同じレベルくらいでした。
ただ高潮警報が出ていたので少し心配だったのですが、
昨日昼頃海を見ますと確かに湾内、潮が高い、高い。
ども堤防を越えることはなさそうだったので、
基本生活への影響はほぼ皆無でした。
おかげさまです。

今日は台風一過で青空になるのかと思いきや
まったくの曇天です。






しかし湿気が高い中かんかんに晴れるときっととんでもなく蒸し暑いでしょうから、
歓迎すべき曇天ですよね。

休み明けでこれは気分がすっきりしませんが、
今週もお仕事、頑張って参りましょう。


CM大好き、たぐです。

「男ですみません」

最近はこのシリーズのコマーシャルが大好きです。
「さぁーせん!!」いいながら、君らちっとも反省しとらんだろうが!感がたまりません。

そんな雰囲気たっぷりの写真がお気に入りサイトさんに上がっていたので
一緒に楽しんでいただきたくご紹介。

こちら、らばQさん「男ってやつは…」

大好きです(笑)






最近なかなか映画に行けていません。
「エイトレンジャー」は行ったし、自分も見たかったし楽しかったけども、
兄弟やちびっ子と行くと、自分の大本命に行けてない気持ちが残ります。

何が悔しいって、
最近だとMIBに行けなかったのがすごく悔しかったですし、
他にもいっぱい見逃しているのです。うう。



最近テレビで話題にされたりで
たぐのアンテナは受信状況悪いというのに運よくかかってくれた
見たいなと思う洋画を2本紹介したいと思います。

どちらも大きな愛がテーマだよなとたぐは思っているんですがどうでしょう。
まずはこちらイギリス発の映画

「オレンジと太陽」

実話に基づくお話で、イギリスで有名…というか、悪名ですね、
誰もが知っている、児童移民にまつわるお話です。
きっと軽い気持ちで見ると頭を激しくぶたれるだろう事が容易に予測できます。
そう思わせるストーリーです。
オンビンタレたぐには絶対敷居が高いです。
悲しい歴史も知ることが大事と重々承知していますが、
正面からまともに受け止める度量を持ち合わせていないので、
できればオブラートに包んでほしいとたぐは思っちゃいます。
もうほんと、臆病なのですたぐって。
それでも、そんな自分を奮い立たせてでも見たいと思ったのは、
監督とキャストがあまりにもたぐの興味を引いたからです。
まず俳優陣が、

エミリー・ワトソン、デイヴィット・ウェナム、ヒューゴ・ウィービング

ワオ! とたぐ大喜びの布陣です。
エミリー・ワトソンは、以前見た映画で目がとても印象的で、
一目見ただけで忘れられなくなった役者さんです。
デイヴィット・ウェナム、ヒューゴ・ウィービング
この二人は、まったく映画に興味のなかったたぐを一気に引き込んだ映画
「ロード・オブ・ザ・リング」の出演者です。
柔、剛、楽、哀、どんなアプローチも自在な役者さんだとたぐは思っています。

そして監督さんが、ケン・ローチ監督の息子さんときた。
そりゃ見なきゃ!と思ったわけです。

ローカルのテレビ番組で紹介された時に流れた映像を見て
行かなきゃ後悔するなと思いました。



もう一本はフランスより。
こちらはわりといろんなところで紹介されていた気がするので、
ご存知の方も多いかもなと思います。

「最強のふたり」


たぐは、もしかしたらこのタイプのフランス映画が肌に合うのかもしれません。
紹介されているのを見ているだけでとても楽しい気分になりました。
同じ感覚を持って見た「ミックマック」もとても気持ちよく鑑賞したのをよく覚えています。
そこでの出演者がこの映画で片翼を担っているのにも個人的に縁を感じたり。

お金持ちとどうしようもない貧乏人、
教養人とダメ男、=上品と下品などなど、
なんでその組合せかというような二人組とかグループとか、
たぐは大好物でして、
駄目なヤツが、でもダメじゃないじゃん?というのにとても弱いです。
たぐ方程式(笑)
先日のエイトレンジャーなどはバッチリ当てはまってますね(笑)

ダメかもだけど、ダメじゃないかもじゃん?と、思えるものって、
自分も何かできるかもという力をくれるので、
たぐの鑑賞映画選びのポイントでのウェイトが大きいのです。

残暑が厳しくて未だに夏っぽく感じますが、秋です。
芸術の秋です。
お出かけして映画鑑賞、いかがですか。


「オレンジと太陽」 シネマクレール にて9/22~10/5公開

「最強のふたり」 シネマタウン岡南 にて10/6~公開