FC2ブログ
2013.05.17 船の旗
明日のたまの港フェスティバルで店舗のディスプレイに使おうと、船の旗をアイロンかけしました。
スチームばんばん、シューシューいわせて、メガネ曇る曇る(笑)

一部写メを撮ったので、ご紹介。

FJ310705.jpg FJ310704.jpg
  R ロメオ               P パパ



FJ310703.jpg FJ310702.jpg
  X エックスレイ            E エコー



FJ310701.jpg
  W ウィスキー   



それぞれにアルファベットがふられていて、それに合わせて呼び名もついています。
デルタあたりは普通な感じかな。
フォックストロットとか、ゴルフ、ホテルは「え?」と思ってしまったり(笑)

一枚一枚に意味があり、それを組み合わせて文として信号を送るそうです。

海で信号で旗というと、たぐは学生の時に行った海の学校で手旗信号をならったはずなんですが、ちっとも覚えていません。
必要に駆られないと覚えるのは難しいですよね。それに反復学習をしないと無理でしょうし。

でもかなりの距離でも旗を振るだけで意志を伝えることができるというのは、考えたらすごいことだと思うのです。
電気いらないんだもん。旗は濡れても渇けば使えるもん。

有事の時に使える最後の手段は結局アナログなのかもしれません。






スポンサーサイト



2013.05.10 船の窓
FJ310020.jpg

雨なう。
天気下り坂に伴いやる気もダウンなう。


いや、ちゃんとお仕事はいたしますが。
本当に天気が悪いとだめになる、晴れの国住人代表たぐ。

午前中に一仕事終わらせておいてよかったです。午前から雨は降っていましたが、雨脚が強くなったのはやはり午後になってからで、がんばって保たせていた糸がぷつっと切れた感じです。
すこし休憩を挟んで、気合入れなおすぞ!

ちかごろ会社の様子などの写真をあまりアップしていなかったので一枚。

FJ3100180001.jpg


事務所下に今、5枚船の窓が置かれています。
すごく使い込んだ船から上がったものです。
たぐは山路に来はじめてから今まで四角いものは見たことがなかったので、いつものと違うなとワクワクしました。
はめ殺し窓の窓もシンプルでいいですね。



2012.07.05 スパナ







素材がちょっと特殊なのでこういう色だそうです。

通電しにくい状態での作業用のものと聞きました。

もう一度調べてみましたら、電気どうこうではなく、防爆のため、
火花が出ない素材で作られているとのことでした。
通電というのとは違っていたみたいです。訂正いたしますごめんなさい。(20130308)
元記事も訂正をしておきました。



何度か話題に出していますが、
山路の事務所は船の操舵室です。

少し遠目の外観などもしょうかいしてきましたが、
今日は天井というか屋根というか、
上側を紹介したいと思います。




まずこちら、
ブリッジの出入り口の片方ですが、
現在出入りできません。
上部に計器が着いていますが、こちらも現在機能していません。
というか、
陸に上がっているから機能させる必要がないのですよね、
寂しいことに(苦笑)




こちら上に上がる梯子です。
実はたぐ、この日、山路に入ってこの梯子を初めて使いました。
というわけで、
実は事務所の上に初めて上がったわけです(笑)
高所恐怖症が少しあるといっても、前はこれくらいなんてことなかったんですが、
ちょっと足許がふわつくような気分になりました。




上部は傷みが目立ちます。
元々はここにもいろいろ計器などが着いていたのでしょう。











ほぼ正面み我が社のシンボル60tクレーン、
干満ドック、そして対岸までの海。


背後を仰ぎ見ると、


こういう感じです。
光の加減で少しシルエット気味ですかね。

たぐ、前に1万トンの船とこのブログで書きましたが
先日社長がお客様に説明していたのを聞いたところに寄ると
どうやらグロストン2万、ということらしいです。





2012.06.28 アンカー


デカいです。
長さが約2メートル、
幅が160越えくらいでしょうか。

重さは、何tだろう?
3から5トンくらいですかね?