FC2ブログ
本日の日経新聞朝刊最終面「文化」のコーナーで、造形美術監督のピエール・ボハナさんが寄稿しています。
リンクを貼ります。
会員の方はどうぞ~(^o^)


小道具 映画に魔法
「ハリポタ」のほうきやつえ 
手作りで物語を伝える ピエール・ボハナ


タイトルの見出しで分かる通り、ハリ・ポタシリーズの造形物を担当した方が書かれています。
この方が経歴に「若い頃船大工見習いをしていたこともある」と書かれていたので「おっ♪」と思いブログにも取り上げました。

要約させてもらうと。

CGで実物そっくりな表現ができるようになった今でも、手作りの小道具で物語を伝えることは映画に欠かせない。
監督、原作者、プロダクション・デザイナー、また俳優陣の意見も入れて、セッションを重ねていることが伺いしれます。
特にしっかり書かれていたのがハリー・ポッターシリーズの杖についてでした。杖は持ち主のキャラクターを伝える重要なアイテム。そこに性格や経年による趣向の変化も当然出るべきで、それを表せるように心を砕かれたことが書かれています。一つキャラクターを出しますと、ファンタビのメインキャラクターであるニュートの杖は、ずぼらで持ち主の扱いが雑だということを表現するため、使い込んで傷だらけのものにしたそうですよ。確かに(笑)。私も前作を見ましたが、そういうものに全く頓着しなさそうなキャラでしたもんね、ニュートって。

--小道具を作るということは物語をどう解釈するか、ということでもある。--(記事分まま引用)

ゼロから形を生み出していき、映画の世界を完成させる面白さが、この仕事の醍醐味だとピエールさんは語ってらっしゃいます。
手がけた作品も多岐にわたっていて、ハリ・ポタシリーズ、それに続くファンタビ、初期の頃として紹介されているのがタイタニックに007ワールド・イズ・ノット・イナフ、そしてスターウォーズにも携わってらっしゃるそうです。
あ、ダークナイトもか。

こういう造り手さんのお話を見聞きすると、当たり前なんですが、映画もチームで作っているんだという背景がありありと見えてきて、お話そのものもですが、作られる過程にも感動を覚えます。
元々自分が、作品の制作過程というものにとても興味があるので、こうして造り手さんの思いに触れられるのはワクワクします。
だから映画でもコンサートでも、メイキング映像大好きなんですよ(*´ω`*)

今回 ファンタスティック・ビーストの新作 が公開されるので、それに合わせての掲載ですよね。ありがたく読了v とてもおもしろかったです。

さ、お仕事!!
  
スポンサーサイト



こんにちは、たぐです。
今日もよいお天気で、風薫る五月という雰囲気が高まってきました。
爽やかです。
鯉のぼりが踊る姿もよく似合います。

さて、今日は地元縁の映画の企画があると知ったのでご紹介します。

自由律俳人・住宅顕信を映画に 
本田監督、クラウドで出資募る



住宅顕信は、現代の俳人です。昭和後期は現代でいいですよね?
でも今は亡き人です。若くして病気で他界されています。
たぐは、もうきっかけも忘れたんですが、20年くらい前に知りまして、今も著書を大事に持っています。

KIMG4724.jpg

どっちも「未完成」という本なんですけども。
左の上製、箱入りが昭和63年に発行されたもので、文庫は平成15年となっていました。
その文庫に左の本が底本である旨も書かれていて、文庫はその句に若い写真家の方のモノクロ作品が合わせられている作りです。

こんな感じ。
KIMG4725.jpg KIMG4726.jpg

付箋は、特に自分に響いたページにたてたんだと思うんですよ。
彼の句は自由律俳句で、有名なところで言うと教科書にも載っている種田山頭火ですよね。
以前福山雅治さんがコマーシャルで言っていた「ほととぎす あすは あの山越えてゆこう」も山頭火の句です。
たぐは 「分け入っても分け入っても青い山」 が印象深いです。
本来の五七五が必要ではない自由律俳句は、俳句としてどうなの、俳句と言っていいのとも思うんですが、人がつぶやき落としようで、たぐは体温をより感じられる気がしてすきなんです。
型にはまるものも気持ちよくてよろしいし、型にはまらないものにもその良さがあると。
と、たくさんの句に親しんでいるわけでもない若輩者は大きな口を叩いてはいけないんですが、たぐはそのように思っている次第です。
ともかくこの住宅顕信は、たぐの中ではなんだか特別な存在でした。
同郷の人だからというのも大いにあると思います。
大好きvとウキウキ言える環状ではないです。どちらかと言うと、句が目に入ると切なくて、胸をつま先でつままれたような気分になります。
でも、なんだか目をそらせなくなるのです。
そんな感じの句が詰まった本が「未完成」でした。
ああ、彼はまだまだたくさん句を作りたかったんだなと、タイトルだけで切なくなっちゃうんですが、やっぱり目が離せないのです。

たくさんの人が知っているという人物でもないです。
その彼にスポットが当たる機会が来るというのがなんだか不思議な気分です。

プロジェクトが成功し、映画が完成したら、たぐも必ず見ます。
単館ですよね、きっと。うん。
気合い入れて行くぞ!


成功祈願!





こんにちは、たぐです。
お天気が良くて、先程お使いに出ましたら車内な暑いくらいでした。
でも窓を開けるのはちょっとためらう今日このごろ。
だってくしゃみと鼻水が出るんです。
ワタクシまだ花粉症じゃないと思うんですが、元々アレルギー体質はある方なので、油断できないなと思ってるのです。現に家族の半分はすでに花粉で苦しんでますからね。
マスクまではまだしていませんが、まあ、ちょっとでも触れる機会を減らしたほうがいいのかなと、用心しているわけです。

そういえば、陸にいる時間が比較的少ない船乗りさんたちでは、やはり花粉症の方は少ないんでしょうか?
必然的にそうなりそうな気がするんですけど。

花粉から逃れたければ船に乗れ!的な(笑)




さて、今日は明日3/18公開を迎えるひるね姫の話題です。
地元岡山が舞台ですから船たびでもプッシュしております。
ひるね姫の公式サイトはこちらです。
昨日もローカルニュースの枠では下津井の様子が映されて、映画に寄せる期待を報じていました。
でも今日たぐが紹介するのは、その本編ではなくて、ツイッターで流れてきて知ったひるね姫の夢診断ページです。
可愛い夢診断だったので、どうぞ。

知らない私の夢診断



たぐは「ねぼすけさん」タイプでした。
実際には結構早起きできちゃう方ですが、それはそれ、これはこれです(笑)
ムードメーカーだとか言わると照れちゃうv


お時間あるようでしたら、占いついでにこちらのバースデーカラーというものを覗いてみてください。
なかなか興味深いです。


バースデーカラー

て、今打ってて思ったけど、これ、前にも紹介したかもですね。
まあいいか。面白そうなものは何回紹介してもよろしかろう。うん。

ラッキーカラーというわけではなくて、ご自分のシンボルーカラー的な?感じに捉えてもいいのかなと。
たぐはなんだか意外な色でした(笑)

日にちにこだわらずに「今日はこの色が気になる!」というものを見て、その日の気持ちに何かプラスする、というのもいいかもですねv




ではではみなさま、良い一日を!




午後からもうひと頑張り!


2016.02.12 セトウツミ
映画「セトウツミ」予告ムービーが出てました。
あ、先日、瀬戸内海じゃん!(笑)と、ここ小舟で話題にした映画です。

予告ムービーも面白いです。


くすっと笑える2分間


一息タイムにどうぞ~


今日のニュースの中で気になったので。



映画「セトウツミ」は7月2日公開!
7人の追加キャスト&劇中カット明らかに



セトウツミってなによ?と思ったら、せと君とうつみ君という男の子のことらしい。
で、漢字で書くと瀬戸くんと内海くん。

二人合わせて「セトウツミ」

って、それ、瀬戸内海じゃん!!


と思って(笑)



キャスト陣もたぐは好きな雰囲気だし。
ちょっと気になりました。
だって瀬戸内海なんだもん!(笑)


山路産業がぼちぼちおやつ時をお知らせしますよ~