FC2ブログ
こんにちは、たぐです。
昨日夜、突然左手の親指が痒くなったのです。
何しても治まらなくて、なんでだろうと首を傾げていたんですが、よくよく記憶をたどって、一つだけ思いあたりが有りました。

これ、蜂に刺されたとこだわ。

ムヒをぬって、またぬって~♪ ってこれキンカンか(笑)
ともかくぬったくって、でもかゆいから、でもでもかいたらダメだから爪でばってんを何回も付けて、しばらくそれを繰り返しました。
寝て起きたら治まっていましたが、ずいぶん時間差できましたね。痛みのあとすぐそちらにスイッチすると思っていたんですが。
忘れる頃に来るなんて。
え、それって私の体が鈍いんですかね!?
おばちゃんだから!?


今日は時事話題といいますか、芸能関係なんですけど。
昨日は花男のシリーズ?というか、次の世代の子たちのドラマ、「花のち晴れ」で道明寺が出た時にまるでバルスのようにサーバダウンするという現象にびっくりしました。

<花のち晴れ>
道明寺の登場で一時ツイッター落ちる 
「金爆」歌広場淳も興奮


ここで名前が出る歌広場さんも相当ですが、松潤つえー!!(笑)
濃いー!(笑)
でもなんだかんだ言って、やっぱりこの男ものすごい美形だわー!!というのがワタクシの感想です。

顔が濃いというのは嵐内で最早ネタでもありますが、その上を行く美しさといいますか、問答無用で視線を奪う力みたいなものを感じるんですよね、あの顔面。

この時間帯たぐもスマホでツイッタ開いておりまして、なんだ調子悪いな、新しいメッセージを取得できませんってなんでよ!と思っておりましたが、まさか道明寺効果だったとは(笑)

人気どうこうや個人の好みを脇に置いて、客観的に「美しい顔を選べ」と言われれば、10人中8、9人が選ぶ顔立ちだと思うんですよね。
例えるならギリシャ神話のアドニスとか、そんな感じです。

こないだのドラマではその美形キラキラオーラは消して弁護士さんやってましたよね。
いやー、俳優って、アイドルってすげーなぁと、あらためて思った次第です。


嵐つながりで言えば、今度の日曜だったですっけ?から始まる二宮和也くんの「ブラックペアン」も楽しみなのです。
やー、めっちゃ癖の強そうな役柄じゃないですか。それに翻弄されつつ成長するのがきっと竹内涼真くんの役どころなんでしょうね。先日までの「わろてんか」の葵わかなちゃんもいてるし、脇を固める役者さん達もおお!と思う方がいっぱいです。


元々あんまり連ドラを見ない方で、嵐くんらが関わってるから見るとか、そういうレベルのアレなんで(笑)、どれがおすすめとか言えないんですけど。

ただ、日々、毎週楽しみがあるっていいなぁvと思う今日このごろであります。




スポンサーサイト



こんにちは、たぐです。
今日は湿度は高いけれど、朝曇りでわりと涼しい朝でした。が、先程から日が照ってきたので暑くなって来そうです。

さて今日は地元話題です。

岡山にぃ? みやぞんがぁ?  …来たーーー!!

なんか違う(笑)

“幻の”青うなぎ漁に挑んだみやぞん&あらぽんを襲った
「ボラアタック」って?


というわけで、地元も地元です。この漁師さんもご近所さんです。
THE 児島湾!!
AOUNAGI!!

そしてうなぎの番組だから? 制作は静岡放送なんですね!
うなぎパイ!!

特産品のあるところでのあるあるだと思うんですが。
たぐはまだこの青うなぎ、食べたことがありません。

本当に採れる量が少ないんだろうなぁと思うんです。
エビみたいな風味がすると聞いているので、一口くらい味わってみたいなと思ってるんですけどね。
ちなみにエビ系の風味はうなぎの食べているアナジャコ由来だったはずです。
シャコも美味しいv

ちょっと痛そうだでかわいそうだけど、ボラアタックがどんな感じか楽しみでもありますごめんみやぞんと、えーと、あらぽん? あ、それこそごめん、初めて名前知った。番組見て顔憶えるね。
ボラは結構日中でもピョコンピョコンしてますもん。
あれが自分めがけてくるとなると……
あ、やっぱ怖いぞ、それ。
でも見たい!



以前りゅうちぇるとぺこりんも青うなぎを捕りにきましたが、あの時は児島湾だったと記憶しています。
今回は湾の方です。
より近いところです。
あ、もっと昔の青空レストランでも取り上げられました。その時は今回同様児島湾側だったのですよ。ちょうど休みだったので、たぐは勇んで見に行ったのですよロケを。
だってうちの浜でロケなんて、なんて貴重な!!と(笑)
出演者にも興味はありましたが、ロケというお仕事そのものにも興味津々でv

そうだ!
相葉くんもいつもあんな感じで相葉マナブのロケやってるんだ…v

今あらためて気づいた!!

なんかありがとう、みやぞん!


と、

そんなわけなんで(←どんな?・笑)、青うなぎ、児島湾、みやぞん、いずれかでもご興味おありでしたら、9/3、ぜひチャンネルを
TBS系列に!





こんにちはたぐです。
週末、大阪に行ってきました。

B'zのコンサートだったのです! 
「EPIC NIGHT」 イエー!
京セラドームの天井に触れそうな席でしたが、全然問題なし!
歌って体を動かしてC&Rして、ウェーブもして超楽しかった!!
やっぱいいですねライブ!

テレビではたまーにしか出てこないし、トークもあんまりしないイメージですが、ライブでは稲葉さんもはじけてるし、本人たちも楽しいんだろうなと思うとこっちもテンションが上がります!

たぐは昔昔その昔、うら若きオトメだった頃(笑)一度だけB'zライブに行ったことがあるんです。
その時も大興奮で、加減知らずに手を叩きまくって気が付いたら掌がうっ血していた思い出があります。本当にどんだけ手を叩いたのか(笑)
でもおぼろげに憶えているシーンを思い出しても、ああ、あの時も相当楽しかったんだな、たぐ…と思うわけです。
今回はね、もう大人になったので、うっ血はしませんでしたよ。
でも帰った夜から素敵に下半身筋肉痛ですけど(大笑)
でもでもすぐに筋肉痛が出る辺り、たぐの体も、本人が思うほど衰えてないかもねと嬉しくなったりもしています。

大阪までの道中、少し前のアルバムを聴いて気分を盛り上げていました。
昔の曲も最新の曲も、やっぱええなぁと思って、ライブ行って生で聴いてやっぱええなぁと改めて思って、友人と美味しいものを食べて喋って喋って。

ともかく楽しい一日でした。

そしてやっぱり、アルバムで聴く音楽と、ライブでの音楽は、同じ楽曲でも全然別物だなと、これも改めて思った次第です。

こうなると、お気に入りミュージシャンのライブはあれもこれも行きたくなっちゃいますね。
元々がお家に根っこが生えているタイプなので、なかなかそんな行動的にはなれないんですけどね(笑)


よし、お仕事に戻ります!
今週は天気悪い中で始まり、今日も朝から雨なんですけど、ライブ余韻のおかげか張り切って仕事ができる気がします!!




そうそう、追記する程でもないんですが書いちゃう(笑)

スタッフさん監督さん、銭湯大好き相葉さんを、銭湯の電気風呂に入れてくれてありがとう(笑)と伝えたい。
編集長と一緒にビリビリに「うわわわっ」ってなってるのがとても楽しいシーンでした。

それと、あれです。
月9といえばラブストーリー枠なのですよね。
特にそこにこだわりがあるわけではないですけどね?

最終話の主人公二人が語り合うシーンのところ。
内容はヒロイン沢尻エリカちゃんが自分の犯した罪に涙しているのでラブなわけではないんです。
その罪というのが、主人公一家を苦しめた犯人の自転車のサドルを傷つけたというもので、これは主人公一家がされた嫌がらせのひとつと同じで、しかも自分もこっそりやったからストーカーと同じだと彼女が後悔しているシーンです。
ここで泣いている彼女の肩に両手を添えている主人公相葉くん。
「大丈夫。僕も家族もあなたのことを大好きだから」と実にさらっと伝えます。
告白ですよ。含みも持たせず、さらっと笑顔で告白!
あなたそしたらここでその肩引き寄せるでしょう!ユー、ぎゅっと行っちゃいなよ!!
て思うシーンなのにもかかわらず、主人公、それ以上何もせず!!
マジか!!
健太ー!!! これ月9ーーー!!!

と、思ったのです(笑)

いや、このドラマの健太くんという主人公の性格からしたら、ただ肩に手を添えているだけというのも彼らしいし、全然問題無いのです。
ただツッコミたくなっちゃっただけ(笑)
前に健太くんに対して、息子は草食系だとお母さんが「お肉食べなさい!!」と言ったシーンを思い出して、「おかあさ~んっ やっぱり健太くんお肉足りてないよーっ」と言いたくなっちゃっただけなのです。

そんなことを考えるのも楽しかったなぁv


以上、ドラマ感想追記でした。








たぐは連ドラ見ない方です。
続きが気になる~! とそわそわするのが嫌なんです。
それからストーリーの好み範囲が非常に狭いのです。
ということで、きっと面白いんだろうなと思っても「絶対見るぞ!」と気合が入らない限り手を付けないわけです。
で、「ようこそ、わが家へ」は、以前からお気に入りの嵐の相葉くんが出ていたから見たわけです。

ホームドラマで、原作の醍醐味である池井戸経済部もやっちゃって、サスペンスも行っちゃうよ! という、ある意味欲張りな内容でしたよね。
ストーリー展開と緩急の間のとり方、セリフやキャストからではなくともカメラロールから伝わる背景とか、ワクワクゾクゾク、緩みや小道具で挟み込まれたおふざけやキャストよいしょ(笑)、全部ひっくるめてたぐの好みでした。
エンディングは、もうあの家族を一点の曇りもなくハッピーに終わらせてやってくれよと思いつつも、不穏な影が実はまだ……!?
というゾワゾワ感にやられたなこりゃ!という小気味よさみたいなものも感じました。
うん、楽しかった。

ドラマの良し悪し、演技の良し悪しはたまにしか見ないたぐなどは口を出すべきところではないし、正直、人さまの言われる良し悪しからは距離を置きたい派です。
自分がおもろかったよかったと思えたらそれでいいし。
ただ視聴率など速攻で目に見える部分に結果が出るというのは、関わった人たちの喜びもリアルタイムで盛り上がるんだろうと思うと、たぐもそれを思い浮かべて嬉しい気分になりました。

で、内容として、誰にでも起こりうるストーカーが2本主軸の片方だったわけですが、これがなんとも「名無しさん」乱立(笑)状態で、ひとつきっかけから芋づる式に摸造犯が俺も私もとやっていたという展開でした。
ここまで沢山の人、というのはやはりドラマだからとフィクション的に思いましたが、それがきっかけとなった人物とは全く無関係、そしてもう一本の主軸である経済部門のパパさんの会社とも無関係だったところに、たぐは空恐ろしさを感じました。
相葉くんのドラマ最初に差し込まれたセリフのとおり、本当に「些細なきっかけ」が原因だったわけですもんね。
電車で割り込みしようとした人をちょっと注意した。
これだけだったんですもん。

って考えたら、本当に誰にだって無情に降りかかっちゃう災害みたいなもんだな、被害者にとってストーカーって。

というのが感想です。
たまにしか見ない連ドラ、やっぱり毎週、次の話が気になってそわそわしちゃうのがイヤでしたが、見終わって充実したため息をふかーく吐き出した感じです。

ふーーっ

満足。




という、連ドラ感想でした。


相葉くんも好きでにゃんこも好きなたぐ的には、子にゃんこガスももっといっぱい見たかったです(笑)
絶対現場の癒やし源ですよね!!
画面のこっちでたぐも癒やしをもらってました、ありがとうガスv