FC2ブログ
こちらは、マリンアンティーク通販 船たび の店長、たぐこと田口と申します。
船たびは岡山県の南部、児島湾のほとりで船舶解体を営んでいる山路産業株式会社が運営しております。
この山路産業の事務仕事の合間に、ショップの店長日記として、
日々のよしなし事、職場風景、たぐの趣味なども交えつつのんびり綴っていきたいと思っています。
取り留めないブログですが、お暇つぶしになれば幸いです。


FJ310613.jpg

                                             
スポンサーサイト
マリンアンティーク船たびです。

新着商品のお知らせです。

マリンランプ216 紅燈 (油用) 日船式 第3号 

ranpu216-10[1]


よろしくお願いしまーす m(_ _)m

マリンアンティーク船たびです。

新着商品お知らせです。
今回はランプ2点です。

マリンランプ 201 乙種マスト灯

ranpu201-2[1]


マリンランプ 146 げん灯

ranpu146-1[3] - コピー


よろしくお願いします m(_ _)m




おはようございます。
明け方降り出した雨がだんだん強くなってきています。
隣県では土砂災害警戒となっていたり、避難勧告も出ているようです。
みなさまどうおぞご注意を。
お天道さまにおかれましては、何事も「程々」を心がけていただければ幸いでございますですよもうほんとお願いしますm(_ _)m




さて、本日の日経新聞朝刊、最終面文化の記事を紹介します。
「模型に刻む 時代の記憶」土台して、造形作家の足立篤史さんという方が寄稿されています。
紹介されている写真が新聞紙の貼られたお船でした。
正確には紙で作った模型に古新聞を貼ったもので、氷川丸駆逐艦 雪風 だそうです。
作った模型にその時代の新聞を貼ることで、歴史を知り、考えてもらう機会になればという思いが込められているそうです。
足立さんの結びの行を引用します。

よく誤解されるのだが、私は自分の作品に主義や主張を込めいているわけではない。ただ私達が忘れてはいけないと思うことを記録し、記憶してもらいたいのだ。そんな作品を作り続けていきたい。 日経新聞 2019.06.07 36面文化-模型に刻む 時代の記憶 より-

こちら足立さんが出演されている動画です。
公式だから貼っても大丈夫ですよね?

ブレイク前夜 -次世代の芸術家たち-
#41 足立篤史



そしてこちら、御本人のツイッターです。

Atsushi Adachi

乗物全般の模型が見られて、楽しいです。



模型にはられた文字列の時代、それを考える時間。
一度、まとめて見てみたいです。

出不精のたぐが行ける範囲は狭くてなかなか機会に恵まれないかもしれませんが、展示会などの情報が捕まえられたらいいなと思いました。



マリンアンティーク船たびです。

新着商品のおしらせです。

マリンランプ紅燈 (油用)

ranpu217-8[1]


よろしくおねがいします m(_ _)m





こんにちは、たぐです。
犬吠沖での船の事故に胸が痛むここ数日です。
今も行方不明のお二人の無事を心から祈っています。
音がしていたという事ですが、水の冷たさなどでも体力を消耗しちゃうし、一刻も早く!!と情報を見ているだけのたぐが画面越しに焦ってもしょうがないんですけど、ずっとそんな気持ちです。
先日お姿拝見した潜水艦救難艦「ちよだ」さんが現場に向かったと聞きました。もう到着しているでしょうか。
救助活動にあたっている皆様もご安全に。そしてなんとか、なんとかお二人を!!





こんにちは、マリンアンティーク船たびです、たぐです。

今朝カンヌ映画祭話題でブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが並んで会見をしていて、なんだかこの二人が並び立つって意外な感じだなぁと思ったりしたところへ、出社してきて見た日経新聞の下部の時計屋さんの広告でまたブラッドがいて、今日はハリウッド俳優さんに縁がある日だなと思ったり思わなかったりしているたぐです。
ちなみに時計のメーカーはBREITLING、ブラッド・ピット、シャーリーズ・セロン、アダム・ドライバー3名での広告でした。
シャール! シャールかっこいい!!♡とウキウキしました。アダム・ドライバーくんという俳優さんはたぐが見た映画の中では覚えがなくて、まあ最近映画もチェックできてませんからごめんあんさいね状態なんですけど、スター・ウォーズにも出演されてるし、オスカーノミネーターでもあるんですね。ほほう。これを気に覚えておこう「あ、時計のお兄さん!」て(^_^)

と、前置きはこのくらいで。

5/18・19に行われました港フェスティバル、参加された皆様、お疲れ様でした! そして当店へ足をお運びくださった肩、誠にありがとうございますm(_ _)m

いやー、本当に、お疲れ様でした! 
気温的には高くないし雨も降らず、19日はおひさまも程よく出て、その意味では恵まれていたなと思うんですが、なんせ、風邪にやられましたよね(苦)
2日ともまあまあテントが揺れていました。時々スタッフさんが気にして見に来られて、ロープや地面にさしてあるフック?といえばいいんでしょうか、あれとかが緩んでいないか確認してくれていました。
19日は正午に向かうに連れ風が更に強くなり、本部から出店者に看板類を下ろすようアナウンスがあったり、更にテントの緩み確認がされたりしてたんですが、ついに12時半で早期終了となりました。
そのような状態だったので、18日の日程後半からクルーズ関係は中止されていましたし、19日の予定にあった消防艇による放水、救難訓練のデモンストレーションも、残念ながら中止になってしまいました。
会場に来ていたお船は 潜水艦救難艦 ちよだ 、掃海管制艇 ながしま 、そしてSTU48号もいました!

てことで、お船写メをば。

DSC_1448.jpg

ちよださんのお尻v
あ、お父さんのお顔はすこし隠させてもらってます。

DSC_1460~2

ちよださんのおなか

DSC_1462.jpg

ちよださんのあたま

毎回そうなんでありますが、大きいのでとても一枚に収まらないんですよね。
すげーなぁ、でっけーなぁ!と思いつつ写メって、大きいものを収めようとするあまりなのかそれともあんまり大きいから感覚が狂うのか(笑)、大抵レベルが出てないんですよね。いや、わかってますよ、腕がないのだということは? でもそれにしてもまあ、撮った写メ撮った写メ見事に斜めなんですもん(笑)

さて、お次は ながしま さん

DSC_1453.jpg

ながしま さんのおっしり~v
からのぉ、

DSC_1451.jpg

ATAMA!(^_^)
おじさまお二人のお顔には念の為少し加工をば。

ながしま さんサイズなら、とりあえず前後で二枚、これで全体像が想像できるように撮れる気がします。

そして、これは手前にいろいろあって、全体を撮ることができなかったんですが、STU48号を。

DSC_1463.jpg
DSC_1464.jpg
DSC_1469.jpg
DSC_1470.jpg

映り込みの方々のお顔は以下同文でーす。
お船的にはスタンダードないろかなと思いますが、でも妙にキャピキャピしているより、たぐは爽やかさんで好感が持てます。デビュー曲と次の曲だったかな?を耳にする機会があって、どちらも馴染みが良くていいなぁと思っているのです。
SUTさんはお船の中とかだけでイベントだったんですかね? 会場の、たぐのいるところ周りではメンバーの姿をみることはなかったんですけど、地元っ子たち(あ、広い意味でですけどね?直接知り合いがいるわけではないので(^_^))が頑張ってるんだよなぁと、おばちゃん感慨深くなりました。

DSC_1505.jpg
四国フェリーさん
瀬戸内国際芸術祭中は、乗る人もたくさんなんでしょうね。
DSC_1511.jpg
DSC_1530.jpg
ここでよく見るフェリーは「なおしま」の水玉模様が描かれているイメージhが強かったんですが、アーガイル的にひし形の柄のもいたんですねv



と、こんな感じでーす。
あ、なんか並べた写メだけだとお祭り感全然ないですね(笑)
でもお客さんたちのお顔が映るのをさけなくちゃと思うと、あんまり会場って撮れないんですよね。

てわけでテントのATAMAなど。
DSC_1488~2

船たびのテントはぁ、中程できっと埋もれてま~す(笑)

DSC_1489.jpg

宇野といえばこのチヌ!
たしかお色直しというか、リニューアルしたニュースが有ったと思うんですよ。
実際色がきれいになってるなと思いましたし。
もう一個のチヌ、すべり台になってるんですね!
DSC_1491.jpg
あーん

DSC_1496.jpg

おしり側から~
て、真横でちゃんと顔が見えるのを何故か撮っていませんでした。ごめんよ、コチヌ。
ちょこちょこ子どもたちが滑っていたんですが、あれって大人もやってよかったんでしょうか。

ちょっとやりたかったなぁ。

しかしこのチヌ、全部海のゴミでできているんですよね。
みんな、ゴミはごみばこへ! 
当たり前のことを当たり前にしましょう!と改めて思う次第です。
しかししかし、やっぱ滑り台、ちょっとやりたかったなぁ。



と、港フェスティバル、出店報告(という名のお船写メ披露)でした~


お付き合いありがとうございました~!