FC2ブログ
こちらは、マリンアンティーク通販 船たび の店長、たぐこと田口と申します。
船たびは岡山県の南部、児島湾のほとりで船舶解体を営んでいる山路産業株式会社が運営しております。
この山路産業の事務仕事の合間に、ショップの店長日記として、
日々のよしなし事、職場風景、たぐの趣味なども交えつつのんびり綴っていきたいと思っています。
取り留めないブログですが、お暇つぶしになれば幸いです。


FJ310613.jpg

                                             
スポンサーサイト
とてもおもしろそうな企画がありましたよ♫

長期休暇をこういうプランで過ごすのも良さそうですv

ほぼ1か月「帰れま船」! 
父島26日間の旅、15万円~ 
小笠原海運が企画


面白そうだし楽しそうだしと思いはするものの、子供料金設定に「え、学校は!?」と気になってしまいました。
一般的に言えば三学期で学校に行ってなきゃいけませんよね?

逆にというか、動けない病気などでなく何らかの理由で学校に行けなくなっている学生さんは、気分転換、違う世界に身をおいてみる感覚でこのプランに参加してみたら、なにかいいきっかけが掴めるかもしれませんよね。
こんなきれいな風景、時間の中にいたら心地いいでしょうねぇ。
と思える、案内のサイトを下記にリンクしています。


父島への行き方。
値段や時間、料金は?



おすすめするには訳がある!
父島ならではの観光スポット12選


沖縄ももちろんすてきですが、 東京の南のほー!に目を向けてみるのも、いいかもしれませんねv




こんにちは。

本日健康診断に行ってきまして、胃カメラが例年になくきつくてすでにグロッキー、すでにねむいたぐです。
だからね、今日は他のお仕事して、ブログはお休みしようとい魂胆だったんですけど。
いやー、ちょっとおもしろい絵になっちゃってる子がいたもんで、これはしょうかいしなきゃ!となりまして。

たぐ的には、どうしてもどうしても空目しちゃって、ウナギがウサギに見えるんですけど。
主役はウナギではなく、アザラシさんなんですけど。


鼻の穴にウナギが刺さったアザラシ発見 
無事に除去される


もうね、字面がパンチあるし、何回見てもウサギに見えちゃうし、記事に飛んだらアザラシくんのとんだ写真が目に入ってくるし(笑)

ちゃんと鼻からウナギをとってもらえてよかったね、アザラシくん。

今日カメラを飲んで苦しい思いをしたところだったので他人事に思えないし、でも面白いことになってるしで、これはぜひブログにて紹介しなくてはという使命感が湧いた次第なのですよ、ハイ。
あ、私は鼻からではなく口からだったんですけどね。

お時間ありますかたはこのウナギアザラシくん記事の下の方のリンクも飛んで見られたらよろしいかもしれません。
楽しいかわいいアザラシ話題がたくさん並んでいるみたいですよv


よし。
さて岡山は一日中雨のようで少々テンションが下がっちゃいそうですが、できる仕事からコツコツ、やっていきまーす。

アデュー!!






KIMG1867.jpg

ぐもーにんえぶりわーん♫

おはようございます。今週は太陽をきちんと見られる朝はないかもなと思っていたので、嬉しいです。


とさわやか画像を貼ったのにタイトルは死んだ魚です。デス!

いやそうは言ってもよい取り組みのお話なので、ぜひ読んでみてほしいし、こういう取り組みが広がればいいなとたぐは思うんデス。


死んだ魚をクルーズ船の燃料に
ノルウェー企業が計画発表



魚の死骸と有機廃棄物と混合して液化バイオガスを生成し、重油の代わりに使用う。
おお、ざっくり話を読んでそりゃいいねと思うんですけど、実際はそのためのプラントを作らなくてはならないし、そのプラントを作るためにも種々の問題をクリアしなくちゃいけないだろうし、大変な事業のように思います。
だって今重油で動いてるお船にバイオガスで動く仕組みを取り入れたりする、改造も加えたり? するのかな? 全部新造するわけじゃないですよね? 徐々にスライドしていって、最終的に重油を完全に使わなくしてくということですよね、きっと。
どっちにしても大変お金もかかっちゃうことでしょう。
でもこの温暖化が叫ばれて久しい地球では、長期的に見て気温が上がる事を少しでも止められる方向へ考え進むのは、現代に生きる私達の取り組むべき課題ですから、良い判断へ舵を切られたな、素晴らしなと、日本の田舎の片隅より拍手を贈りたいです。




お天気悪いです。
晴れの国おかやまなのに(笑)
なんて、雨は降っておりませんがロンドンのように霧が一向に晴れません。
これは、天気予報で言っていたほどは気温も上がらないかなという気がしてきました。
まあ、この時期に最高気温が20度を超えたりしなくていいんですけどね。
運転するのに嫌だから、早く霧がとれてほしいです。すこし風が出ればいいんですけどね。

というわけで、今日はきれいな海の画像を見て心を晴らしましょう企画。

スペイン メルカノ島の
透明度が高くて船が浮いて見える光景


何度か取り上げてきたと思うんですが、きれいなものは何回見てもいいですしね。
たぐは紅の豚好きなので、それも嬉しいポイントだしv
まあ本当の舞台のモデルとなった島はギリシャの島らしいですけども。

ザギントス島


地中海、すてきですよねぇv


さ、霧がとれてなくてやだけど、おつかいに行ってきます!








おはようございます。
少々お久しぶりな新着商品お知らせです。

マリンベル(号鐘)

beru24-11[1] - コピー


12月に入り、街ではクリスマスソングがたくさん聞こえてくるようになりましたねv



こんにちは、たぐです。

昨日の深夜にドラマで大分泣いてしまった上寝付けず、若干の目の腫れと若干の寝不足です。
僕とシッポと神楽坂、たぐの肌にはとても合うドラマでした。
動物が好きで日常の何気ないお話が見たいという方はぜひ。
あ、昨日最終回だったんですけど、レンタルとか、今配信とかでも見れますよね? そのうちレンタルもあるかと思いますし。

さて、今日は昨日の日経朝刊の、春秋を紹介します。

「スマホを落としただけなのに」

実際、もしも携帯電話を落としちゃったら?と想像すると、恐ろしさに背筋が凍ります。
たぐの体験談で言えば、もう何年前になりましょうか、一度やってしまった事があります。
まだスマホが出る前かな?出始めかな?とにかく当時のたぐはガラケだったんですけどね。
友達を訪ねて東京に行ってて、やってしまったのですよ。
もうね、気がついた瞬間にざっと血が下がった感じで、生きた心地がしませんでしたよ。

ななな、ない!!!
どこにもない!!!(TOT)

携帯がない事に気がついて、どうしよう、どうしようとおろおろするしかできない状態に陥りましたが、幸いたぐには心強い友人がそばにいてくれました。
彼女はすぐに今までの自分たちの行動を振り返り、たぐがこの時までは移動に使っていた路線バスの会社に連絡してくれて、バス車内の落とし物を確認してくれました。これがビンゴだったんで長い時間心配して落ち込むことはなく済んだんですが、せっかく遊びに来てるのにバス会社まで一緒に来てもらったりして時間を使うもったいなさと、、友達の時間も自分のうっかりのために使わせてしまって申し訳なくなりました。
このようにして、たぐの黄色いかわいいガラケはその日のうちに帰ってきて事なきを得ました。
でもこれが見つからなくて、中のデータがなにかに使われたかもしれないと思うと今でもゾッとします。
それにそのガラケちゃんにはまだ可愛かったた頃(今は可愛げの「か」の字もありませんからね・笑)の姪っ子たちのプリティー写メがたくさん入っていたので、それがなくなるかもという悲しみも感じていたのです。
あ、今は他のとこにも保存をかけて、「あの頃はよかった」写メ(笑)の保管な何重にもしてますけどねv
マジ自分天才じゃわ!と勘違いするくらい可愛く撮れた写メもありますもん。
あ、そういうのって誰しも一枚、二枚はあるもんですよね? 我が子や孫、あとどうぶつ家族ちゃんとか!

と、この件以来、たぐの携帯には首掛けOKの長さや、とにかく輪っか状になっていて、カバンの取っ手などにつけて絶対ぼっちにさせないストラップがついています。だからスマホを選ぶ時もストラップが付けられないものは選べません。
だってあの怖さったらないですよ!? おっちょこちょい、おっちょこちょいだとは思ってたけど、自分、これはマジで笑えんぞ!?と思いましたもん。
今はね、嵐の一つ前のコンサートの首から下げられるストラップでーすv
緑色でーすv
ちょっと汚れもついて味が出てきましたv
ともかく皆様。
壊れた!!はもうしょうがない。気をつけなくちゃですけど、壊れる時は壊れます。でもそしたらデータも壊れちゃうから、盗まれる可能性はほぼないでしょう。
とにかくうっかり紛失、盗難にはより一層気をつけてください。
もうたぐは、怖くて怖くて「スマホを落としただけなのに」を見ることはできなさそうですブルブル(><)


記事の締め文に、わずか20年ほどで、ITはわたしたちの生活を大きく変えたとあります。
本当にそうだなと思うのです。
家の電話、FAX,から携帯電話の発達、バーから二つ折り、そしてスマホへ。
パソコンも一人一台といっていた時を経て、今はタブレット、やっぱりスマホ。
時代は何もかもスマホ一台あればできちゃう時代となり、さらにメガネ型や時計の形でITとつながっちゃって来ています。
もうおばちゃんだから、ついていくの大変(笑)
でも、そうしてスマホで何もかもできる時代だからこそ、紛失したときにどんな事が起こるのか、想像するだけでも空恐ろしい。
手軽に扱える、分身みたいに身近なスマートフォン。
その分、管理はしっかりしなくてはいけないなと、改めて思った次第です。


さあまとまったかどうかわかんないですが、これで投稿しちゃいますよ~(^o^)

パソコン、調子良し!
たぐの目も覚めてきた!
スマホ目の前にある!存在確認!!


お仕事!!